気流制限がないにもかかわらず気腫肺がみられる喫煙者の臨床的特徴

e0156318_23175684.jpg 大局的な流れとして、将来的にCOPDの定義が変わるような気がしています。少なくとも1秒率の定義だけではスクリーニング機能が不十分であることは明らかです。

Ana B. Alcaid, et al.
Clinical Features of Smokers with Radiological Emphysema but without Airway Limitation
Chest. 2016. doi:10.1016/j.chest.2016.10.044


背景:
 気流制限がないが気腫肺を有する患者の臨床的特徴については良く分かっていない。

目的:
 放射線学的に胸部CTで気腫肺がみられる気流制限のない現・既往喫煙者の臨床的特徴を、気腫肺のない現行喫煙者、既往喫煙者のそれと比較すること。

方法:
 被験者は身体測定、既往歴聴取、低線量CTを受けた。以下のパラメータが評価された:肺機能検査(DLCOを含む)、mMRC息切れスケール、CATスコア問診、6分間歩行試験。気腫肺がCTで観察された被験者と観察されなかった被験者を比較した。

結果:
 203人のうち、154人(78%)が気腫肺を有しており、49人が有していなかった。低線量CTで気腫肺がみられた患者はDLCOが異常(80%未満)を示しやすく(46% vs 19%, p=0.02)、6分間歩行試験中のSpO2が4%を超えて低下しやすく(8.5% vs 0%, p= 0,04)、QOLが障害されやすかった(CATスコア10点以上) (32% vs 14%, p=0.01)。CATスコアの各項目を調べると、気腫肺がみられる患者の多くが「胸がしめつけられる感じがする」(p=0.05)、「家庭での日常生活に制限を感じる」(p<0.01)と答えていた。また気腫肺がみられた患者は過去1年の増悪が有意に多かった(0.19 vs 0.04, p=0.02)。

結論:
 喫煙者には、気流制限がないものの低線量CTで気腫肺がみられる患者がおり、QOL低下、COPD増悪、DLCO低下、6分間歩行試験中の酸素飽和度の低下と関連していた。
 

# by otowelt | 2016-12-05 00:52 | 気管支喘息・COPD

除脂肪量指数(FFMI)はIPFの生存の独立予測因子

e0156318_9301181.jpg 興味深い研究です。

Nishiyama O, et al.
Fat-free mass index predicts survival in patients with idiopathic pulmonary fibrosis
Authors
Respirology, 21 November 2016


背景および目的:
 除脂肪体積といった身体組成はIPF患者では研究されていない。われわれは、除脂肪量指数(FFMI)や除脂肪体重が生存を予測するかどうか調べた。

方法:
 44人のIPF患者を登録した。身体組成は部位別直接多周波数測定法を用いて調べた。身体組成と他の因子(努力性肺活量[FVC]や生存)の相関の度合いを調べた。

結果:
 FFMIとFVC、DLCO、6分間歩行距離には正の相関がみられた。また、年齢とは逆相関がみられた。しかしながら、FFMIと%FVC、%DLCOには有意な相関は観察されなかった。平均生存期間は837.5±407.5日であった。単変量Cox比例ハザードモデルを用いてるとBMI以外の因子は生存と関連がみられた。多変量モデルではFFMI(ハザード比0.64、95%信頼区間0.43-0.94、p=0.02)、%FVC(ハザード比0.96、95%信頼区間0.93-0.99、p=0.008)は有意な因子であった。

結論:
 FFMIはIPF患者の生存に対する有意な独立予測因子であった。

# by otowelt | 2016-12-02 00:11 | びまん性肺疾患

高齢者の間質性肺疾患はunclassifiable ILDが多い

e0156318_1543237.jpg 高齢者におけるunclassifiable ILDというのは老化現象の一端をみているのではないか、とも思います。

Patterson KC, et al.
Interstitial Lung Disease in the Elderly.
Chest. 2016 Nov 16. pii: S0012-3692(16)62347-4. doi: 10.1016/j.chest.2016.11.003. [Epub ahead of print]


背景:
 IPFと年齢の関連性が指摘されているが、高齢者における間質性肺疾患(ILD)の疫学についてはほとんどわかっていない。ここで、われわれはILD診断時に高齢者だった患者のILD診断、臨床的背景、アウトカムについて記述した。

方法:
 ILD前向きコホート研究の被験者のうち、70歳を超える患者を高齢者と定義した。診断は、多面的におこなわれた。高齢者と非高齢者をχ二乗およびANOVAを用いて比較した。

結果:
 327人のうち、80人(24%)が高齢者だった。高齢者のほとんどは白人男性だった。その診断の多くがunclassifiable ILD(45%)、IPF(34%)、過敏性肺炎(8%)、膠原病関連ILD(11%)だった。unclassifiable ILDの高齢者のほとんど(74%)がinconsistent with UIPパターンのILDであった。肺機能や3年生存率については高齢者と非高齢者群では有意な差はみられなかった。

結論:
 IPFは単一ではもっともよくみられる診断であるが、高齢者では非IPF-ILDが多かった。unclassifiable ILDは高齢者ではもっともよくみられたが、画像的にはinconsistent with UIPパターンが多かった。

# by otowelt | 2016-12-01 00:55 | びまん性肺疾患

STAAR試験:コントロール不良喘息小児に対する電子アドヒアランスモニタリング戦略の有効性

e0156318_12222112.jpg やはりアラームなどをつけると吸入デバイス自体が大きくなってしまいますね。

Morton RW, et al/
STAAR: a randomised controlled trial of electronic adherence monitoring with reminder alarms and feedback to improve clinical outcomes for children with asthma.
Thorax. 2016 Nov 4. pii: thoraxjnl-2015-208171.


背景:
 吸入ステロイド薬のアドヒアランスの問題は喘息小児ではよくみられる事象で、ひいては疾患コントロール不良やQOL低下、死亡リスクの増加にまで関連しているかもしれない。電子モニターを用いたアドヒアランス改善効果を狙った過去の研究では良好な結果が示されたが、臨床アウトカムの改善までは示されていない。この研究の目的は、このアプローチをルーチンのプラクティスに導入することによって臨床アウトカムの改善がみられるかどうかを検証したものである。

方法:
 喘息小児6~16歳を登録し、ランダムに電子アドヒアランスモニター介入群(毎日アラームが鳴り、ICS使用はクリニックに通達される)と非介入群(アドヒアランスの観察のみ)に割り付けた。全小児はベースラインにおいて、ICSおよびLABAの使用下でコントロール不良の喘息を有していた。ルーチンのクリニック受診は3ヶ月ごととし、1年間まで継続した。プライマリアウトカムはACQスコアとした。セカンダリアウトカムはアドヒアランス、喘息マーカーとした。
e0156318_1218677.jpg
(文献より引用)

結果:
 90人中77人の小児が試験を完遂した(39人が介入群、38人がコントロール群)。アドヒアランスは介入群70%、非介入群49%だった(p≤0.001)。ACQスコアには有意な差はみられなかったが、介入群の小児は有意に経口ステロイドを要する頻度が低く(p=0.008)、入院が少なかった(p≤0.001)。
e0156318_12192773.jpg
(文献より引用:アドヒアランス[A:介入群、B:非介入群])

結論:
 喘息コントロール不良小児に対する電子アドヒアランスモニタリングによるフィードバック戦略は、ルーチンの喘息マネジメントに有意な利益をもたらす。

# by otowelt | 2016-11-30 00:07 | 気管支喘息・COPD

電子たばこ使用は慢性気管支症状のリスクを上昇

e0156318_23175684.jpg 電子たばこの定義も結構ややこしいので、一概には結論づけられませんが。2015年のATSでは、システマティックレビューにおいて短期的な呼吸器系への影響が報告されています。

Rob McConnell, et al.
Electronic-cigarette Use and Respiratory Symptoms in Adolescents
AJRCCM, Published Online: November 02, 2016


背景:
 青年期の電子たばこの使用頻度は増えているが、その慢性的な影響についてはほとんどわかっていない。電子たばこエアロゾルの組成は肺毒性を示すという知見がある。

方法:
 2086人が参加した南カリフォルニア小児健康スタディの参加者において、慢性気管支症状(慢性咳嗽、喀痰あるいは気管支炎)のある電子たばこ使用者および過去12ヶ月の間に喘鳴がみられた患者の関連性を調べた。

結果:
 過去に電子たばこを使用したと報告したのは502人(24.0%)で、そのうち201人(9.6%)が電子たばこを過去30日以内に使用していた(現行使用)。気管支症状のリスクは電子たばこ非使用者と比べて電子たばこの既往使用者において約2倍に上昇した(オッズ比1.85、95%信頼区間1.37-2.49)。また、電子たばこの現行使用者ではそのリスクは2.02(95%信頼区間1.42-2.88)だった。電子たばこ現行使用者において、過去30日の間に1-2日使用した場合(オッズ比1.66、95%信頼区間1.02-2.68)、3日以上使用した場合(オッズ比2.52、95%信頼区間1.56-4.08)にもリスク上昇がみられた。生涯でのたばこ曝露および受動喫煙によって補正すると関連性は減少していった。しかしながら、信頼性のある交絡因子で補正しても、過去に電子たばこを使用した人では気管支症状のリスクは有意に高かった(オッズ比1.70、95%信頼区間1.11-2.59)。喫煙歴で補正した場合、電子たばこと喘鳴には有意な関連性はみられなかった。

結論:
 青年期の電子たばこ使用は慢性気管支症状の頻度を高くする。

# by otowelt | 2016-11-29 00:42 | 呼吸器その他