TRANSFORM試験:heterogeneous emphysemaに対する気管支内バルブ(Zephyr)の多施設共同研究

e0156318_14441648.jpg 単施設でしかエビデンスがなかったのですが、これで本格的に脚光を浴びそうです。

Samuel V Kemp , et al.
A Multicenter RCT of Zephyr® Endobronchial Valve Treatment in Heterogeneous Emphysema (TRANSFORM)
AJRCCM, https://doi.org/10.1164/rccm.201707-1327OC

背景: 
 Zephyr気管支内バルブ(EBV)治療は、重症heterogeneous emphysema患者に対して有効であることが単施設ランダム化比較試験で示されている。これは、初めての多施設共同研究である。

目的:
 heterogeneous emphysemaで側副換気がないCOPD患者を対象に、Zephyr EBVの有効性と安全性を調べること。

方法:
 前向きに多施設共同でEBV+通常ケアあるいは通常ケアのいずれかに2:1にランダムに割り付けた。プライマリアウトカムは処置後3ヶ月時点でのベースラインからの1秒量改善12%以上とした。1秒量変化、残気量、6分間歩行距離、SGRQスコア、mMRCが3ヶ月時、6ヶ月時にアセスメントされた。

結果:
 97人の患者がランダム化された。EBV65人、通常ケア32人だった。3ヶ月時点で、EBV群の55.4%、通常ケア群の6.5%に1秒量12%以上の改善がみられた(p<0.001)。改善は6ヶ月目までも持続した(56.3%vs 3.2%、p<0.001)。6ヶ月時点での平均1秒量変化はEBV群20.7±29.6%、通常ケア群―8.6±13.0%だった。EBV群の89.8%が350mL以上の容量現減少を胸部CTで確認されていた。6ヶ月時点での残気量、6分間歩行距離、SGRQ、mMRC、BODEはすべて有意にEBV群の方が良好であった(all p<0.05)。気胸はEBVでよくみられ、65人中19人に発症した。

結論:
 側副換気のないheterogeneous emphysemaでは、EBVは臨床的に意義のある肺機能、症状、QOLの改善をもたらす。


# by otowelt | 2017-10-19 00:42 | 気管支喘息・COPD

SUMMIT試験サブ解析:中等度気流閉塞のCOPD例ではICSは肺炎リスクを増加させない

e0156318_1633480.jpg SUMMIT試験のサブ解析多いですね、最近色々目にします。

Crim C, et al.
Pneumonia risk with inhaled fluticasone furoate and vilanterol in COPD patients with moderate airflow limitation: The SUMMIT trial.
Respir Med. 2017 Oct;131:27-34.

 
背景:
 COPDにおける吸入ステロイド薬の肺炎リスクは、中等度の気流閉塞がある患者ではあまり検証されていない。

目的:
 心血管系リスクが高い、中等度の気流閉塞のあるCOPD患者で、吸入ステロイド薬が肺炎のリスク因子になるかどうか調べた(SUMMIT試験サブ解析)。

方法:
 SUMMIT試験では、16590人の中等度の気流閉塞があり(%1秒量が50~70%)心血管系リスクが高いCOPD患者をランダムに1:1:1:1に以下の治療群に割り付けた。吸入ビランテロール25μg、吸入フルチカゾンフランカルボン酸100μg、吸入ビランテロール25μg+フルチカゾンフランカルボンさん、吸入プラセボ。事前に規定された基準に基づき、研究者が報告した肺炎イベントを記録し解析した。

結果:
 研究薬を投与された患者の安全性解析に16568人が組み込まれた。肺炎は合計842人・1017イベント観察された。プラセボ、フルチカゾンフランカルボン酸、ビランテロール、フルチカゾンフランカルボン酸/ビランテロールのそれぞれでは5%、5%、4%、6%だった。治療開始時期で補正をしても、イベント発生率は全群同等であった(プラセボ、フルチカゾンフランカルボン酸、フルチカゾンフランカルボン酸/ビランテロールで100治療年あたりれぞれ3.84、4.24、3.95)。しかし、ビランテロール単独群では有意に低かった(100治療年あたり2.77)。
 肺炎のリスク因子には以下の要素が報告された。すなわち、強い気流閉塞(%1秒量60%未満)、過去の増悪歴、BMI25未満。

結論:
 過去の重度のCOPD患者に対する研究とは異なり、中等度の気流閉塞があり心血管系リスクの高い患者では肺炎のリスクは上昇しなかった。


# by otowelt | 2017-10-18 00:44 | 気管支喘息・COPD

メタアナリシス;急性呼吸不全に対するネーザルハイフローは挿管率・死亡率に影響与えず

e0156318_13512197.jpg ネーザルハイフローに死亡率の改善効果はなく、挿管率にも有意差はないという帰結は、他のメタアナリシスでも同様です(Crit Care Med. 2017 Apr;45(4):e449-e456.)。
 ただ、CEHST誌のメタアナリシスでは挿管率は有意に減少させると報告されています(Chest. 2017 Apr;151(4):764-775. )。
 「どの患者をどこで使用するか」によって変わってくるので、まだ答えは出ていないようにも思います。

Lin SM, et al.
Does high-flow nasal cannula oxygen improve outcome in acute hypoxemic respiratory failure? A systematic review and meta-analysis.
Respir Med. 2017 Oct;131:58-64.


背景:
 急性呼吸不全の患者に対して、ネーザルハイフロー(HFNC)の挿管率や死亡率に対する効果を評価すること。

方法:
 われわれは、PubMedなどの電子データベースを用いて信頼性のある研究を抽出した。通常酸素療法または非侵襲性換気との比較でHFNCを用いた比較試験を2人のレビュアーがデータを抽出し、研究の質を評価した。プライマリアウトカムは挿管率とした。セカンダリアウトカムには院内死亡率が含まれた。

結果:
 8つのランダム化比較試験が登録され、1818人が含まれた。プール解析では、挿管率に有意な差は認められなかった(オッズ比0.79; 95%信頼区間0.60-1.04; P = 0.09; I2 = 36%)。また、院内死亡率にも差はみられなかった(オッズ比0.89; 95%信頼区間0.62-127; P = 0.51; I2 = 47%)。

結論:
 急性呼吸不全に対するHFNCは通常の酸素療法や非侵襲性換気と比較して、挿管率を下げる傾向にはあるが、統計学的には有意とは言えなかった。今後大規模な臨床試験の実施が望まれる。


# by otowelt | 2017-10-17 00:10 | 集中治療

リファンピシン単剤耐性結核に対する治療戦略

e0156318_9552565.jpg  RMR-TBに関しては、キードラッグのINHが使えるので、絶望的というわけではありません。

Park S, et al.
Treatment outcomes of rifampin-sparing treatment in patients with pulmonary tuberculosis with rifampin-mono-resistance or rifampin adverse events: A retrospective cohort analysis.
Respir Med. 2017 Oct;131:43-48.


背景:
 リファンピシン単剤耐性結核(RMR-TB)はまれである。原稿のガイドリアンでは、RMR-TBはMDR-TBとして治療されることが推奨されているが、そのエビデンスは不確かである、

方法:
 われわれは後ろ向きにRMR-TBの症例の臨床的特徴とアウトカムを抽出した。RMR-TBの臨床的特徴は、リファンピシンの服用が副作用で容認できなかった症例(RAE-TB)と比較した。

結果:
 44人のRMR-TB、29人のRAE-TB患者が登録された。RMR-TBは、アルコール使用者、肺結核の既往、重症肺結核像が多く、RAE-TBは高齢者、多数の合併症、肺外結核合併が多かった。
 治療ではフルオロキノロン(FQ)がもっともよく用いられた(RMR-TB:70.5%、RAE-TB:82.8%)。治療中央期間はRMR-TBで453日、RAE-TBで371日だった(p = 0.001)。治療成功率はそれぞれ87.2%、80.0%だった(p = 0.586)。
 治療レジメンによるRMR-TB群のサブ解析(スタンダードレジメン11人、スタンダードレジメン+FQ:12人、MDR-TBレジメン21人)では、MFR-TBレジメン使用者では重症の肺結核病巣だったが、治療成功率に差はなかった(85.7%, 91.7%, 85.0%)。治療期間に差異がみられた。
 2人の結核が再発した(スタンダードレジメン群33.3%)。

結論:
 RMR-TB治療に対する、ファーストライン薬+フルオロキノロンはMDR-TBレジメンと同じくらい有効であった。RMR-TB患者ではより短縮した治療が可能かもしれない。


# by otowelt | 2017-10-16 00:53 | 抗酸菌感染症

サルコイドーシス診断におけるクライオバイオプシーの有用性

e0156318_9551539.jpg やはり気胸の頻度が高いですね。

Aragaki-Nakahodo AA, et al.
The complimentary role of transbronchial lung cryobiopsy and endobronchial ultrasound fine needle aspiration in the diagnosis of sarcoidosis
Respir Med. 2017 Oct;131:65-69. doi:

目的:
 経気管支的肺クライオバイオプシー(TBLC)は、いろいろな間質性肺疾患(ILD)に有用とされる新しい手技である。非選択な集団に対して、TBLCをサルコイドーシスの診断に用いる有用性は不透明であり、気管支内超音波下針吸引(EBUS-FNA)の助けになるかもしれない。

方法:
 単施設教育病院において、、3年の間にサルコイドーシスを疑われた36人でEBUS-FNAおよびTBLCの診断精度を後ろ向きに調べた。胸部CTにおける放射線学的特徴の存在や分布と得られたEBUS-FNA・TBLC検体を比較検証した。合併症についても記録された。

結果:
 われわれのコホートの診断率は80.6%だった(36人中29人に病理学的な確定診断がついた)。これらのうち、18人はサルコイドーシスが疑われ、サルコイドーシス診断を示唆する気管支鏡検体が得られたものであった。病理診断がサルコイドーシスとついたものでは、EBUS-FNAあるいはTBLCの診断率はそれぞれ66.7%ずつだった。ただし、両者を組み合わせるとその精度は100%になった。気胸が11.1%に起こった。

結論: 
 TBLCはサルコイドーシスの診断において安全で、既存手技の手助けになりうる。


# by otowelt | 2017-10-13 00:35 | 気管支鏡