ICU血糖管理は、標準血糖コントロールの方が強化コントロールより死亡率が低い(NICE-SUGAR試験)


多くのICU医師が待ち望んでいた、NICE-SUGAR study。
2009年3月のNEJMより。

Intensive versus conventional glucose control in critically ill patients.
NEJM 2009 Mar 26;360(13):1283-97.


背景:
 ICU入室の重症患者における、血糖コントロールの目標値が
 はっきりしていなかったため、多施設共同無作為化試験により
 目標値を検討する。

方法:
 ICUでの治療が、3日間以上必要と予想される成人患者を
 ICU に入室後24時間以内に、目標血糖値81~108 mg/dLの
 強化血糖コントロール群と、目標血糖値180mg/dL以下の
 標準血糖コントロール群のいずれかに無作為に割り付けた。
 プライマリエンドポイントは、無作為化後90日以内のあらゆる原因による死亡。

結果:
 1.90日以内死亡率
  強化血糖コントロール群:27.5% (829例)
  従来型血糖コントロール群:24.9%(751例)
    OR 1.14; 95%CI 1.02~1.28, p=0.02
 2.ICU入室期間、入院期間、人工呼吸を要した期間、透析を要した期間
  いずれも有意差なし

 3.重篤な低血糖の発生率(血糖値40mg/dL以下)
  強化血糖コントロール群:0.5%
  従来型血糖コントロール群:6.8%    p<0.001

結論
 ICU目標血糖値を180mg/dL以下にしたほうが
 81~108mg/dLにした場合より死亡率が低い。


Surviving Sepsis Campaign2008では、血糖管理は150mg/dl以下に変更された。
まぁ、インスリンたらたら流すのもコワイので、やっぱりコレでいいのだろう。

by otowelt | 2009-04-08 09:26 | 内科一般

<< 血清CCL18は、IPFの予後... 虫垂炎・腸間膜リンパ節炎による... >>