血清CCL18は、IPFの予後予測因子である

e0156318_19524725.jpgSerum CC-Chemokine Ligand 18 Concentration Predicts Outcome in Idiopathic Pulmonary Fibrosis.
Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2009; 179: 717-723


背景:
 特発性肺線維症(IPF)は、予後不良の肺疾患である。
 予後不良因子は確立されていない。
 血清CCL18濃度がこの予後に関連するのでは
 ないかといわれており、これを調べた。

目的:
 IPFにおける血清CCL18濃度について、72人の患者を
 プロスペクティブに研究。

方法:
 IPFはATS/ERS診断基準に基づいた。
 血清CCL18濃度は、ELISAで測定。
 24ヶ月後フォローされた。肺機能試験は最低でも6ヶ月ごとに行われた。

結果:
 ROC解析では、生存率とベースラインの血清CCL18濃度に相関がみられた。
 カットオフ値は150ng/ml (感度83%、特異度77%)
 血清CCL18濃度が150ng/ml以上では、死亡率が高かった(P<0.0001)。
 HRは8.0であった(年齢、性別、肺機能で調節)。
 また、CCL18濃度が高値の場合、IPFの進行がみられる。

結論:
 血清CCL18濃度はIPFの予後予測因子であり、臨床的に用いることが
 可能であると考えられる。

by otowelt | 2009-04-11 19:48 | びまん性肺疾患

<< 咳喘息 ICU血糖管理は、標準血糖コン... >>