ホルモン療法にゾレドロン酸を加える乳癌治療は妥当


Endocrine Therapy plus Zoledronic Acid in Premenopausal Breast Cancer
N Engl J Med 360 ; 7 FEBRUARY 12, 2009


背景:
 卵巣機能抑制剤(LH-RHa)+抗エストロゲン剤(TAM)は
 閉経前内分泌感受性乳癌のスタンダードなアジュバント療法である。
 アロマターゼ阻害剤(AI)は閉経後の乳癌患者に対しては、TAMより優れている。
 前臨床データでは、ゾレドロン酸は抗腫瘍作用を持つ事が示唆されている。
 閉経前進行乳癌患者に対して、LH-RHaとAIの併用療法は、
 LH-RHaとTAM併用療法に比べて血中エストロゲン濃度を更に76%減少させる。
 このエストロゲン濃度の減少は内分泌感受性乳癌に対する治療効果を
 さらに高める可能性があり、早期閉経前乳癌に対しても、AIはTAMにかわる
 新しい治療であるか検証中である。

方法:
e0156318_2385072.jpg

 1803人の閉経前乳癌患者。
 Endocrine-responsive (ER and/or PR が陽性)。
 病期IあるいはIIで、positive nodesは10以下。
 プライマリエンドポイントはdisease free survival(DFS)
 セカンダリエンドポインツはRecurrence-free survival (RFS)
 OS、安全性

結果:
 ゾレドロン酸投与群では全てのカテゴリーにおいてイベントが少なかった
e0156318_2352172.jpg


考察:
 観察期間中央値47.8ヶ月時点において、ゾレドロン酸投与群では
 有意なDFSの改善が得られた(36%のリスクリダクション、絶対差3.2%)
 NNTは31であった。これはタキサン系薬剤のメタアナリシスの結果
 (Paclitaxel:28、Docetaxel:31)と同程度である。
 ゆえに、ホルモン療法にゾレドロン酸を加える治療は標準治療へとシフトするに値する。
 いくつかの試験は、ゾレドロン酸の投与を受けた乳癌患者の骨髄の微小転移を
 減少させる事が示されている。
 また、これまでのデータと本試験の結果により、ゾレドロン酸には骨の内外で
 抗腫瘍効果を発揮する可能性が示唆された。
 LH-RHaの投与期間は2年~5年と様々である。
 閉経前早期乳癌患者に対するLH-RHa+AI剤の併用がもたらした結果は、
 LH-RHa+TAMと同等であった。

by otowelt | 2009-04-19 10:04 | 肺癌・その他腫瘍

<< ATTRACT-1試験が日本で... ALI死亡率はここ10年で低下 >>