進行NSCLCファーストラインに第3世代抗癌剤の効果はほぼ同じ


Impact of third-generation drugs on the activity of first-line chemotherapy in advanced non-small cell lung cancer:A meta-analytical approach
Oncologist 2009 May 7(Epub ahead of print)


背景:
 第3世代抗癌剤は、NSCLCに対するファーストラインとして
 いずれも同等の効果を有すると考えられてきた。しかし、最近の研究では、
 GEMまたはDOCを含むレジメンが、その他の第3世代抗癌剤を含む
 2剤併用療法よりも若干優れることも示唆されている。
 そこで、各種の第3世代抗癌剤が、進行NSCLCのファーストラインの効果に
 及ぼす影響を、奏効率および進行率の両面から比較検討。

方法:
 GEM、DOC、VNBまたはPTXを含むレジメンを、
 これらの薬剤を含まない併用療法と比較した既発表および
 未発表の無作為試験のデータを収集した。
 各試験の奏効および早期進行に関する2×2配置表を作成し、
 一般的な分散を用いた方法により統合オッズ比を算出した。

結果:
 45のスタディ(患者11867人)が適格であった。
 総合効果のオッズ比は、いずれのレジメンも同等であった。
 GEMを含むレジメンは、早期進行リスクの14%低下と関連したが、
 PTXを含むレジメンは、最良効果でみた場合にPDのリスクが22%高かった。
 DOCを含むレジメンは、有意ではないがPDのオッズ比が9%低かった。
e0156318_11492459.jpg


結論:
 これらのデータから、化学療法歴のない進行NSCLCに対し、
 第3世代抗癌剤を含むレジメンは、ほぼ等しい効果を有することが分かった。
 ただGEMを含むレジメンは、疾患コントロールがより良好であり、
 PTXを含むレジメンは早期進行のリスクが有意に高かった。

by otowelt | 2009-05-31 11:50 | 肺癌・その他腫瘍

<< アリムタのメンテナンス療法の有... SUTURN試験概要:タルセバの役割 >>