BALF中ヘモジデリン貪食マクロファージ20%以上は、DADの予後不良


Haemosiderin-laden macrophages in the bronchoalveolar lavage fluid of patients with diffuse alveolar damage
Eur Respir J 2009; 33:1361-1366


背景:
 BALFにおけるヘモジデリン貪食マクロファージは、びまん性肺胞出血の 
 診断に利用されるが、DADの評価には使われていない。
 この試験では、外科的肺生検で診断のついた21人のDAD患者からBALFを採取。

結果:
 21人の平均年齢は68歳。14人 (67%) が男性で12人 (57%)が免疫不全。
 BALFにおけるヘモジデリン貪食マクロファージは平均5%(0–90%)であるが、
 7人の患者では20%以上であった。これはびまん性肺胞出血の診断に使用される
 カットオフ値である。この20%以上のヘモジデリン貪食マクロファージが
 BALFでみられる患者は予後不良で死亡率が高かった。(p = 0.047)

結論:
 呼吸不全患者で20%以上のヘモジデリン貪食マクロファージがBALFでみられる
 場合、肺胞出血でなければDADの可能性もあり、この場合DADだと死亡率は高い。

by otowelt | 2009-06-24 14:22 | 気管支鏡

<< COPD合併肺癌患者に対する術... NSCLCへのpemetrex... >>