カプセル型内視鏡は大腸内視鏡よりも感度が劣る

e0156318_23313086.jpg
カプセル内視鏡といえば、NORIKAやSAYAKAが有名だ。
(NORIKAは藤原紀香が好きな社員がつけたとか。SAYAKAって誰だ)

欧米はオリンパスが主流。
アールエフの外部リモコン式はまだ未承認なのかな?
そこんとこの事情は知らないが・・・。


NEJMから、カプセル内視鏡は大腸癌発見に下部消化管内視鏡よりも劣る
という論文が発表された。
でも・・・・・、カプセル内視鏡って、カメラの届かないブラックエリアである
小腸をのぞけるというのがメリットだったのでは。

大腸カメラに負けるのは当然だと思う。

Endoscopic versus Open Vein-Graft Harvesting in Coronary-Artery Bypass Surgery.
N Engl J Med 2009; 361 : 264-70


背景:
 大腸検査用として、端にカメラを搭載した飲み込み可能なカプセル内視鏡が考案。
 この研究では、大腸ポリープと大腸癌の検出について、
 カプセル内視鏡と大腸内視鏡を比較した。

方法:
 大腸疾患が確認されている患者と大腸疾患の疑いがある患者に、
 大腸ポリープおよび大腸癌の検出について、カプセル内視鏡と大腸内視鏡を比較。
 大腸ポリープ、進行腺腫、癌について、カプセル内視鏡検査の感度と特異度を算出。

結果:
 328例(平均年齢58.6歳)を対象。
 92.8%の患者において、カプセルは飲み込んでから10 時間以内あるいは
 バッテリーが切れる前に体外に排出された。
 カプセル内視鏡検査は、直径6mm 以上の大腸ポリープに対して
 感度64%(95%CI 59~72)、特異度84%(95% CI 81~87)であり
 進行腺種には感度73%(95% CI 61~83)、特異度79%(95% CI 77~81)。
 大腸内視鏡で確認された大腸癌19のうち、カプセル型内視鏡で検出されたのは14。
 (感度74%,95% CI 52~88)

結論:
 カプセル内視鏡による大腸粘膜の観察は大多数の患者で可能。
 その大腸病変の検出感度は、大腸内視鏡よりも劣る。

by otowelt | 2009-07-20 23:31 | 内科一般

<< 冠動脈ステントにパクリタキセル... VAPに対するIBMP10スコ... >>