クリプトコッカス中枢神経感染症に対するデキサメサゾンの使用


クリプトコッカスの症例をみた時、
髄膜炎を起こしていないかどうかに気を配る必要がある。
中枢神経感染を起こしていると判断された場合、
5-FCとアムホテリシンBで初期治療するわけだが、
ステロイドを使うことに関しては基本的に推奨はされていない。

CIDのbrief reportで、クリプトコッカス髄膜炎で
デキサメサゾンを使用して軽快した症例報告があった。

Clinical outcomes were reviewed for 4 patients with Cryptococcus gattii central nervous system infection who received dexamethasone for the treatment of persisting mental status abnormalities and focal lesions on brain scan despite culture‐negative cerebrospinal fluid and the management of intracranial pressure. Favorable clinical responses were observed in 3 patients. Although corticosteroids are not recommended for the treatment of cryptococcal meningitis, these observations suggest that dexamethasone should be further evaluated in this subset of patients.

Dexamethasone in Cryptococcus gattii Central Nervous System Infection
Clinical Infectious Diseases 2009;49:591–595


クリプトコッカスと普通に指す場合、Cryptococcus neoformansを指すが、
Cryptococcus neoformansは二種類ある。
1.Cryptococcus neoformans ; var. neoformans
2.Cryptococcus neoformans ; var. gattii である。
この症例報告されているgattiiは熱帯のユーカリ樹から分離される。

by otowelt | 2009-07-29 12:04 | 感染症全般

<< 成人バンコマイシン治療ガイドライン TMM-M-IgGtiterと... >>