EBUS-TBNAによるサルコイドーシス診断

EBUS-TBNAという気管支鏡の手技があり、
私の病院でもおこなっている。
これは、エコーを用いて気管支鏡でリンパ節を穿刺する手技なのだが
肺内病変がなくて縦隔病変しかないようなケースでは非常に有用である。
サルコイドーシスでも何例かやってみたが、肉芽腫が病理的に証明できることも
しばしばあった。

CHESTより、サルコイドーシスに対するEBUS-TBNAの報告。

A Randomized Controlled Trial of Standard vs Endobronchial Ultrasonography-Guided Transbronchial Needle Aspiration in Patients With Suspected Sarcoidosis
CHEST August 2009 vol. 136 no. 2 340-346


背景:
 縦隔リンパ節におけるEBUS-TBNAは、悪性疾患においては単純TBNAよりも
 精度がまさることは知られている。
 サルコイドーシスのある患者において、EBUS-TBNAと単純19GTBNAを比較した。

方法:
 サルコイドーシスが疑われた50人で施行。
 24人がEBUS群、26人が19GTBNA群に割り付けられた。

結果:
 診断率は、EBUS群83.3%、19GTBNA群で53.8%であった。
 絶対値で29.5%の上昇がみられた。(p < 0.05; 95% CI 8.6 to 55.4%)
 盲検的病理検査における診断において、73.1% vs 95.8%とEBUS群の方が高かった。
 絶対値で22.7%の上昇(p = 0.05; 95% CI, 1.9 to 42.2%)
 EBUS-TBNAの感度と特異度はそれぞれ60.9%、100%であった。
 単純TBNAでは感度と特異度はそれぞれ83.3%、100%であった。

結論:
 EBUS-TBNAを用いたほうが、単純TBNAよりもサルコイドーシスの縦隔リンパ節診断
 には有用である。


ちなみに、肺癌におけるEBUS-TBNAについての感度・特異度だが、
胸部CT上肺門・縦隔リンパ節腫脹のある肺癌術前105症例を対象に、
EBUS-TBNAによるリンパ節転移診断を行った検討では、
感度94.6%、特異度100%、正診率96.3%とされている
  Yasufuku K, et al. Lung Cancer. 2005;50:347-354.

穿刺回数はエコーガイド下なんだから1回でいけるだろうと思いきや、なぜか
うまくリンパ節検体がとれていないこともしばしばあるため、平均的に3回くらい
刺すことが望ましいとされており、最近のCHESTでもそれを示唆する論文が
発表されている。
  Hee Seok Lee, et al. Chest. 2008; 134:368-374

by otowelt | 2009-08-09 10:42 | サルコイドーシス

<< CVC挿入手技向上は、ICUに... 新型インフルエンザに対しては妊... >>