CVC挿入手技向上は、ICUにおけるCRBSIを減少


CVカテーテル挿入とCRBSIという
おもしろい観点からの論文である。

Use of Simulation-Based Education to Reduce Catheter-Related Bloodstream Infections
Arch Intern Med. 2009;169(15):1420-1423.


背景:
 シミュレーションベースの教育はCVC(中心静脈カテーテル)挿入の
 技術向上を改善する。この効果によるCRBSIの減少は定かではない。
 こういったシミュレーションによるCVC挿入教育がCRBSIを減少させるか
 どうかを目的とした。

方法:
 施設ICUにおけるコホートスタディである。
 92人の内科および救急レジデントがシミュレーションによる 
 CVC練習をおこなった。32ヶ月後に比較。

結果:
 CRBSIの発生は、トレーニングを積んだレジデントで0.50/1000 catheter-days、
 一方それ以前の発生率は3.20/1000 catheter-daysであった。(P = .001)
 
結論:
 シミュレーションベースのCVC挿入教育は、
 結果としてICUにおけるCRBSIを減少させる。

by otowelt | 2009-08-12 08:37 | 感染症全般

<< 市中肺炎の初期治療は呼吸器内科... EBUS-TBNAによるサルコ... >>