COPDに対するLAMA/LABA合剤の有用性


ノバルティスファーマ主体のスタディで40歳以上のCOPD患者さんを
対照にした、LAMA/LABA合剤の臨床試験の
II相試験結果が順調であることがERSで報告され、はやくも
呼吸器内科医の間でニュースとなっている。


そーせいグループ株式会社は16日、同社およびベクチュラ・グループ・ピーエルシー(英国)の共同開発・導出品QVA149(適応:慢性閉塞性肺疾患、以下「COPD」)について、有効性評価試験、安全性および忍容性試験の2つの第II相臨床試験の結果を、ウィーン(オーストリア)で開催中の欧州呼吸器学会(EuropeanRespiratory Society)において発表したと報告した。

QVA149は、同社とベクチュラ社が共同開発しノバルティスに導出したNVA237(臭化グリコピロニウム、長時間作用型ムスカリン拮抗薬:LAMA)と、ノバルティスが独自に開発したQAB149(インダカテロール、長時間作用型β2刺激薬:LABA)とを配合した、1日1回吸入による新規の気管支拡張薬で、COPD治療薬としてノバルティスにより開発されている。

同臨床試験での結果は、2つの強力な気管支拡張薬を併用し、利便性の高い1日1回投与とすることの利点を、有効性と安全性の両観点から支持しているという。


Safety and Tolerability of QVA149 Compared to Placebo and to Indacaterol in Patients With Moderate to Severe Stable Chronic Obstructive Pulmonary Disease (COPD)

Inclusion Criteria:
•Consented male or female adults aged ≥40 years
•Moderate to severe stable COPD according to the GOLD Guidelines (2006)
•Patients who have smoking history of at least 10 pack years
•Patients with a post-bronchodilator FEV1 ≥30% and <80% of the predicted normal and post-bronchodilator FEV1/FVC <0.70 and Visit 1 and Visit 3

有効性評価試験は無作為化・二重盲検・プラセボ対照・クロスオーバー法で
135人の中等~重症COPD患者を対象に検討。
QVA149 300/50群(QAB149 300μgとNVA23750μgの合剤)と
2用量のQAB149群(300μg及び600μg)で、7日間投与後の気管支拡張作用を
トラフFEV1値を指標として評価。投与7日目のQVA149群とプラセボ対照群間の
トラフFEV1値の差は、平均226mLと、臨床的に有意な改善が認められた。
同様に、QVA149群とQAB149 300μg群および600μg群との差はそれぞれ、
123mLおよび117mL。

by otowelt | 2009-09-21 10:53 | 気管支喘息・COPD

<< SCLC治療においてCBDCA... 7価肺炎球菌ワクチンは23価肺... >>