喘息予防・管理ガイドライン2009 (JGL2009)


第59回日本アレルギー学会秋季学術大会で、
喘息予防・管理ガイドライン2009(JGL2009)が発表された。
GINAと同じく、抗IgE抗体が収載されることになった。
日本で使用可能な抗IgE抗体は「ゾレア®皮下注用」(一般名:オマリズマブ)。

JGL2009では、重症喘息患者が位置づけられるステップ4(重症持続型)に、
新たな作用機序の薬剤である抗IgE抗体が追加された。
治療ステップ4における長期管理薬として、高用量吸入ステロイド薬に加えて、
テオフィリン徐放製剤、ロイコトリエン受容体拮抗薬、長時間作用性β2刺激薬
の併用が推奨されており、これらでも管理不良の場合、
通年性抗原に感作されていて陽性を示し、かつ血清中のIgE値が治療想定内の場合
には抗IgE抗体が推奨されている。

※これまでのガイドラインでは、ステップ4で管理不良の場合
 経口ステロイド薬の追加とされていたが、JGL2009では
 短期間(通常1週間以内)の投与を推奨しており、
 長期間の連用を回避するよう勧告している。

e0156318_11264588.jpg

by otowelt | 2009-11-06 11:26 | 気管支喘息・COPD

<< 敗血症性ショックにおける不適切... 気管支鏡の際の鎮静にプロポフォ... >>