抜管時の喉頭浮腫予防目的のためのステロイド使用

喉頭癌の既往があったり、アナフィラキシーで挿管されたり、、、
といったときに抜管時にステロイドを使うべきかどうかという問題がある。
当院では、全例には行なっていない。

2009年の論文では、以下のものが有名。

Corticosteroids to prevent extubation failure: a systematic review and meta-analysis
Int Care Med 2009


方法:
 Medline、EMBASE、the Cochrane Central Register of Controlled Trials、
 文献、学会の抄録、未発表データベース、これらから検索を実施。
 2人の著者らがそれぞれ別々に、研究の有効性、研究の特徴に関して抽出した
 データの有効性、再挿管率と喉頭浮腫の特徴について評価。

結果:
 14のRCTで2600人の患者が対象となった。
 抜管前の人工呼吸管理期間は平均で3~21日であった。Corticosteroids投与
 により再挿管を減らすことが示された(OR; 0.56, 95%CI; 0.41-0.77, p<0.0005)。  
 Corticosteroidsの効果は、抜管の少なくとも12時間前に投与することで
 顕著になる傾向にあった(OR; 0.41, 95%CI; 0.26-0.64)。またCorticosteroidsを
 投与された場合、喉頭浮腫率も低下(OR; 0.36, 95%CI; 0.27-0.49, p<0.0005)。

結論:
 Corticosteroidsは喉頭浮腫発生を減らし、全年齢層の重症患者での
 extubation failure発生率をも減らす。


ここで問題になるのが、どのくらいのステロイドを使用するか、である。
もっともよく引用されているのがLancetの論文で、
メチルプレドニゾロンを12時間前から4時間ごとに20mgずつ投与するものである。

12-h pretreatment with methylprednisolone versus placebo for prevention of postextubation laryngeal oedema: a randomised double-blind trial
The Lancet 2007; 369:1083-1089


これは698名(プラセボ343名、methylprednisolone群 355名)を検討し、
有意に抜管後喉頭浮腫発生減少(11/355 3% vs 76/343 22% p<0.0001)
させることを示した論文である。

by otowelt | 2010-01-03 01:34 | 集中治療

<< SSI予防はポピドンヨードより... 吸入抗コリン薬まとめ >>