全下肢静脈エコーが1回陰性ならVTE発生は少ない

下肢のDVT精査の陰性確認は一度でよい、ということだろうか?

Risk of Deep Vein Thrombosis Following a Single Negative Whole-Leg Compression Ultrasound, A Systematic Review and Meta-analysis
JAMA. 2010;303(5):438-445.


背景:
 症候性のDVT疑い例の多くに、複数回の下肢静脈エコーが行われている。
 近年、静脈造影の代替として、圧迫法を用いる超音波検査=CUSが広く用いられている。
 CUSの近位部DVT検出精度は高いが、遠位部DVTは不安が残るため、
 ガイドラインは、最初の検査で陰性だった患者には、5~7日後に
 遠位部の静脈を対象とするCUSを実施するよう勧めている。
 
目的:
 下肢DVTが疑われ、単回の全下肢CUS検査で陰性と判定された場合には
 抗凝固治療を行わない、という方法の安全性を知ること。

方法:
 文献データベースに登録されていた、1970年1月から2009年11月までに
 発表された論文の中から、以下の条件を満たすものを選出。
 無作為化試験または前向きのコホート研究で、DVTが疑われる症候性の
 患者のうち、全下肢CUSの結果が陰性となり抗凝固治療を中止された人々を
 少なくとも90日間追跡し、VTEイベントの有無を調べた。

結果:
 追跡期間中にVTEイベントを経験した患者、すなわち、VTEと診断された、
 またはVTEに起因する死亡とみなされた人は、4731人中34人(0.7%)。
 うち11人(32.4%)は遠位部DVT、7人(20.6%)は近位部DVT、
 7人(20.6%)は非致死的肺塞栓症を発症しており、9人(26.5%)は
 VTE関連死亡とみなされた。
 分散重み付け法を用いてプールしたデータをランダム効果モデルによる分析で、
 3カ月の時点のVTEイベント発生率は0.57%(95%CI0.25%-0.89%)。

 検査前の時点で、DVTである可能性の高低を示す情報が得られた1618人を
 リスクレベルに基づいて層別化したところ、低リスク者が1071人(66.2%)、
 中リスク者が467人(28.9%)、高リスク者が80人(4.9%)。
 うち、追跡期間中にVTEイベントを経験したのは、低リスク者では3人、
 中リスク者は4人、高リスク者は2人だった。イベント発生率は、
 低リスク者0.29%(0%-0.70%)、中リスク者が0.82%(0%-1.83%)、
 高リスク者は2.49%(0%-7.11%)。

結論:
 全体としては、単回の全下肢CUSの結果が陰性で、かつ抗凝固治療が
 行われなかった患者の3カ月間のVTEリスクは低かった。

by otowelt | 2010-02-24 12:41 | 内科一般

<< 吸入ステロイド合剤 リネゾリド耐性ブドウ球菌のアウ... >>