細い胸腔ドレーンの方が、胸水感染症のアウトカム改善と疼痛軽減のためにはよい

CHESTの論文で、胸水感染(膿胸と考えてよいのか?)のある患者において
チェストチューブの太さがアウトカムと関連するかを考察した論文が出た。

外科の先生なんかが28Frドレーンを膿胸に放り込んでるのを見ると
「うっわーカッケー!」とか思ったりしたものだが、
8Frとかでもよいということになる。
ただ、8Frだとやはりドレーンが”つまる”印象がある。
フィブリン何かがペチョっとひっついて、つまる印象がある。
(データはないが、個人的な印象として)

アブストラクトを翻訳するのがめんどくさかったので、要点だけ。

結論としては、チェストチューブサイズを太くしても
臨床的なアウトカムに差はみられず、むしろ細い方(10Fr未満)が
痛みが少ないという結果
が出た。
e0156318_12484824.jpg
e0156318_1249216.jpg

by otowelt | 2010-03-16 12:50 | 感染症全般

<< AEDの普及により、除細動頻度... 小児の急性喘息エピソードに、短... >>