AEDの普及により、除細動頻度と最小神経機能障害での生存率改善

AEDに関する、京都大学からの論文。
研修医の頃は、よく京都駅を利用していたが、
AEDは構内に結構多かった記憶がある。

Nationwide Public-Access Defibrillation in Japan
N Engl J Med 2010;362:994-1004.


背景:
 公共に自動体外式除細動器(AED)の設置が拡大することによって
 院外心停止患者の生存率が改善するかどうかは明らかになっていない。

方法:
 前向き観察研究として、2005年1月1日~2007年12月31日に日本全域で
 救急隊による蘇生が試みられた院外心停止患者を対象に、国家規模の
 AED普及が院外心停止後の生存率に及ぼす影響を検討。
 プライマリエンドポイントは、最小神経機能障害(神経機能障害なし
 あるいは軽度)での1ヵ月生存率。
 多変量ロジスティック回帰分析を用いて、
 良好な神経学的転帰と関連する因子を検討。

結果
 対象となった成人の院外心停止患者312,319 例のうち、12,631例が
 心室細動を伴う心原性心停止で、居合わせた人に目撃されていた。
 うち462 例(3.7%)で、一般市民により公共のAEDを用いた除細動が
 行われていた。一般市民により除細動が行われる割合は、公共AEDの
 設置数の増加に伴い、1.2%から6.2%に上昇した。(P<0.001)
 最小神経機能障害での1 ヵ月生存率は
 居合わせた人に目撃された心室細動を伴う心原性心停止患者では14.4%、
 公共のAED による除細動を受けた患者では31.6%であった。
 早期の除細動は、ショックを行う者(市民もしくは救急隊)にかかわらず
 心室細動を伴う心停止後の良好な神経学的転帰と関連していた
 (電気ショックまでの時間が1 分遅れるごとの生存率に対する調整オッズ比
 0.91,95%CI 0.89~0.92,P<0.001)
 公共 AED の設置数が居住地域1km2あたり1 台未満から
4 台以上へ増加するのに伴い、電気ショックまでの時間は平均で
 3.7分から2.2分に短縮、最小神経機能障害で生存する心停止患者数は
 年間1,000 万人あたり2.4 人から8.9 人へ増加。
e0156318_13524342.jpg

結論:
 国家規模の公共AEDの普及により、日本では一般市民による除細動が
 より迅速に行われるようになった。
 院外心停止後の最小神経機能障害での1 ヵ月生存率も上昇した。

by otowelt | 2010-03-20 13:50 | 救急

<< 原発性肺多形癌 細い胸腔ドレーンの方が、胸水感... >>