重症患者において、TRALI発症は長期生存率減少の独立因子である

Long-Term Survival and Quality of Life After Transfusion-Associated Pulmonary Edema in Critically Ill Medical Patients.
CHEST April 2010 vol. 137 no. 4 783-789


背景および方法:
 輸血関連急性肺障害(TRALI)と、輸血関連循環過負荷(TACO)は、
 重症患者においてはよく知られている合併症である。
 TACOとTRALIにしぼった短期間での死亡率のスタディはあるが
 長期間での生存やQOLを観察したものは知られていない。
 TRALIかTACOに陥った患者の生存とQOLを検証した。

結果:
 74のTRALIのケースで入院時、1年後、2年後死亡率をコントロールと比較。
 それぞれ、TRALI vs controlで43.2% vs 24.3% (P = .020)、
 63.8% vs 46.4% (P = .037) 、74.3% vs 54.3% (P = .031)。
 51人のTACOでは同様に、7.8% vs 11.8% (P = .727)、
 38.0% vs 28.0% (P = .371)、44.9% vs 38.8% (P = .512)であった。 
 TRALIは死亡率と有意に相関(HR 1.86; 95% CI, 1.19-2.93; P = .006)。
 TACOは相関しなかった。
 またTRALIもTACOもICUあるいは在院日数に相関。
e0156318_1404035.jpg
結論:
 重症患者において、TRALI発症は長期生存率減少の独立因子である。
 TACOに関連性は認められない。

by otowelt | 2010-04-13 14:00 | 集中治療

<< 肺類上皮血管内皮腫(pulmo... 世界貿易センターでの粉塵曝露に... >>