ASCO2010でのBIBW2992の発表

e0156318_0222230.jpgASCO2010の前評判になっているBIBW2992(Tovok)について。
BIBW2992は、ダブルキナーゼ阻害薬、
EGFR+HER2を阻害する薬剤である。

昨年も取り上げた。
Tovok(BIBW2992)、PF-00299804

LUX-Lung試験は、1,2,3、4,5,6といろいろあって覚えられないが
LUX-Lung2試験が、治療歴を問わないNSCLC患者を対象とした第2相試験で、
次回ASCOで発表される予定となっている。
いったいどれがどういった状況で発表されるのか、よく知らないのだが・・・。
exon19 deletionとexon21 L858R point mutationがある場合に腫瘍縮小がみられ、
PFSの中央値は約14カ月、OSの中央値は2年であったとのこと。
日本から速報を待つ状況だが、ASCOの発表が楽しみである。

・LUX-Lung1試験:
  BIBW 2992 vs. placebo (phase IIb/III) after erlotinib or gefitinib
・LUX-Lung2試験:
  BIBW 2992 (phase II)
・LUX-Lung3試験:
  BIBW 2992 vs. cisplatin +pemetrexed (phase III)
・LUX-Lung4試験:
  BIBW 2992 (phase I/II)
・LUX-Lung5試験:
  BIBW 2992 + paclitaxel vs.investigator’s choice chemotherapy (phase III)
・LUX-Lung6試験:
  BIBW 2992 vs. cisplatin +gemcitabine (phase III)

by otowelt | 2010-05-27 23:48 | 肺癌・その他腫瘍

<< CPAおよび内科非CPAにおけ... ALIと集中治療における200... >>