ASCO 2010速報:c-Met阻害薬ARQ197 phase II試験

e0156318_12371076.jpg


c-Met遺伝子の増幅がみられる非小細胞肺癌は予後不良とされ、
EGFR阻害剤への抵抗性が考えられている。開発されたARQ197は
c-Metによるシグナル伝達経路を阻害する新規薬剤として注目されており、
同剤以外にも複数のc-Met阻害剤の開発が進められているのが現状である。

第一三共のリリース。
http://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/003706.html

第一三共・ArQuleがphase II試験をおこなっている
c-Met阻害剤:ARQ197について、非小細胞肺癌を対象とした
phase II試験結果が2010年6月5日ASCOで発表された。
Texas Southwestern Medical Center の血液腫瘍学部門長
John H.Schiller博士が発表した。

Novel ARQ 197 Targeted Therapy Holds Promise for Patients with Locally Advanced or Metastatic Non-small Cell Lung Cancer

エルロチニブと併用してPFSが延長したはいいが、
エルロチニブ単独群との有意差にまでは至らなかったという報告であった。
こ試験は6国33施設で実施され、EGFR阻害剤による
治療経験がない、少なくとも1種類の化学療法レジメン施行後に進行した
非小細胞肺癌患者167人を対象に、エルロチニブ+ARQ197併用投与群84人と
エルロチニブ+プラセボ投与群83人を比較したものである。
プライマリエンドポイントであるPFSの中央値は、プラセボ群で9.7週だったが
ARQ 197群は16.1週間と延長した。しかし、統計学的に有意差はなかった。
OS中央値は、プラセボ群29.4週でARQ 197群で36.6週と延長したが、
これも統計学的有意差はなかった。
しかしながら、非扁平上皮癌の患者117人に限定すると、PFSの中央値は
プラセボ群9.7週に対してARQ 197群で18.9週、OSの中央値は
プラセボ群29.4週に対してARQ 197群で43.1週と、有意な延長がみられた。
EGFR wild type、KRAS mutationの群に対して、有効性が高いと考察された。

統計学的に有意ではないが、思ったよりもかなりの延長ではないだろうか?
毒性プロファイルも差がないというので、今後c-Met阻害薬の期待も高まる。

by otowelt | 2010-06-07 14:13 | 肺癌・その他腫瘍

<< ASCO 2010速報:ALK... プライマリセッティングでSIM... >>