ALIの治療戦略

Therapeutic strategies for severe acute lung injury
Crit Care Med 2010 Vol. 38, No. 8


Crit Care MedからALIの治療戦略というレビューが出ていた。
本レビューではprone positionをある状況下では推奨していた。
(気道内圧の高い例において、1日20時間以上)
prone positionは、結構手間ひまがかかるのだが、当院でも
背側のコンソリデーションが強いARDS例などでは実施することがある。
ただ、このprone position療法は生存率に差がみられていないことが
2009年JAMAで報告されている。
prone positionについては、以下の4論文が有名。
・Effect of prone positioning on clinical outcomes in children with acute lung injury:A randomized controlled trial. JAMA 2005; 294:229–237
・A multicenter trial of prolonged prone ventilation in severe acute respiratory distress syndrome. Am J Respir Crit Care Med 2006;173:1233–1239
・Effect of prone positioning on the survival of patients with acute respiratory failure. N Engl J Med 2001; 345:568–573
・Prone positioning in patients with moderate and severe acute respiratory distress syndrome: A randomized controlled trial. JAMA 2009; 302: 1977–1984
e0156318_11271399.jpg

by otowelt | 2010-06-27 07:38 | 集中治療

<< 気管支放線菌症 気管内チューブ温度測定は体温を... >>