ビタミンB6とメチオニン高値は、肺癌発症リスクの低下と関連

e0156318_22171636.jpgSerum B Vitamin Levels and Risk of Lung Cancer
JAMA. 2010;303(23):2377-2385.




方法:
 1992~2000年にかけて、10ヵ国519978人を対象に行った前向きコホート試験、
 European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition(EPIC)
 のうち、血液採取データがある38万5,747人について追跡。

結果:
 2006年までに肺癌を発症した人は899人。コントロールとして、国や性別などを
 マッチングした1770人を選び、両群の血中の4種のビタミンB(B2、B6、葉酸塩の
 B9、B12)とメチオニン、ホモシステイン濃度を調べ、肺癌発症率との関連を分析。
 喫煙の有無を調整、血中ビタミンB6濃度が最も高い四分位範囲の
 最も低い同範囲に対する、肺癌発症に関するORは
 0.44(95%CI:0.33~0.60、p<0.000001)。また血中メチオニン値の同ORは
 0.52(95%CI:0.39~0.69、p<0.000001)だった。
 この傾向は、喫煙経験のない群、喫煙歴あり群、現喫煙群のいずれにおいてもみられ
 喫煙が交絡因子ではないことが示された。また、ビタミンB6とメチオニン両値が
 高いことと肺癌発症リスクの低下との関連がみられた。
 ORは全体で0.41、非喫煙群0.36、喫煙歴あり群0.51、現喫煙歴群は0.42だった。

結論:
 ビタミンB6とメチオニンの両値が高い場合、肺癌発症リスクの低下と関連がある。

by otowelt | 2010-07-04 22:15 | 肺癌・その他腫瘍

<< 早期中心静脈カテーテル抜去はカ... 呼吸器系におけるカルチノイド腫瘍 >>