PETで消化管異常集積がある場合、7割以上に何らかの病変がある

癌をやっている医者であれば、PETで腸管が集積していて
生理的集積かもと思いながら内視鏡をすすめたりすることがあると思う。

呼吸器学会雑誌で、興味深い論文があった。

FDG-PET で消化管に異常集積を認めた肺癌症例の検討
日呼吸会誌2010; 48; 482-487.


PETで消化管に異常集積を認めた症例のうち、7割以上に何らかの病変が存在する
可能性が高いという結果であり、一概に生理的集積などと安楽な考えを持っていると
ヤケドをするかもしれない。
結論は、「原発性肺癌症例で消化器症状が明らかでない場合であっても
PETで消化管異常集積を認めた場合は積極的に精査すべき」との結論であった。

by otowelt | 2010-07-22 15:31 | 肺癌・その他腫瘍

<< グルコースセンサー付インスリン... HSCT後早期の呼吸器ウイルス... >>