グルコースセンサー付インスリンポンプは1型糖尿病に有用

特に1型糖尿病においては、持続的に血糖を測定する
こと(CGM)の有用性が明らかになってきている。
CGM関連のスタディはいくつかある。
1.GuardControl Trial:CGM VS 強化インスリン
2.STAR 1 Trial:CGM+インスリンポンプ VS インスリンポンプ
3.JDRF-Funded Studies:今回のスタディもJDRFの提供を受けている
4.REAL Trend Study:CGM VS MDI
5.EURYTHMICS Study:CGM VS MDI
6.ONSET Trial:発症時からCGM使用

Effectiveness of Sensor-Augmented Insulin-Pump Therapy in Type 1 Diabetes
N Engl J Med 2010; 363 : 311 - 20


背景:
 1型糖尿病のために近年開発された機械に、多くのインスリンポンプや
 グルコースセンサー搭載のインスリンポンプなどがある。

方法:
 多施設共同ランダム化対照試験において、コントロール不良1型糖尿病患者
 485例(成人:329例、小児:156 例)を対象とした。センサー付の
 インスリンポンプ療法と、1日に複数回注射するインスリンレジメンの有効性を比較。
 プライマリエンドポイントは、HbA1c値のベースラインからの変化。

結果:
 平均HbA1cは介入時ともに8.3%であったが、1年後
 ポンプ群では7.5%に、インスリン注射群では8.1%に低下した(P<0.001)。
 HbA1cが7%未満に達した患者は、ポンプ群のほうがインスリン注射群より
 高かった。重症低血糖は、ポンプ群(13.31件/100人年)とインスリン注射群
 (13.48件/100人年)で有意差はなし(P=0.58)。

結論:
 コントロール不良1型糖尿病患者は、グルコースセンサー付インスリンポンプの
 方がインスリン複数注射レジメン群よりもHbA1cが有意に改善。

by otowelt | 2010-07-22 16:12 | 内科一般

<< PEG造設時の創傷感染予防とし... PETで消化管異常集積がある場... >>