CRBSI予防における抗菌薬含有カテーテルロック療法のランダム化試験のシステマティックレビュー

Antibiotic-based catheter lock solutions for prevention of catheter-related bloodstream infection: a systematic review of randomised controlled trials
Journal of Hospital Infection (2010) 75, 1–11


背景:
 このシステマティックレビューでは、抗菌薬含有ロック溶液のCRBSI(カテーテル関連
 血流感染症)の予防効果を評価する。また副次的な目的として、CRBSI減少を
 図るうえで最も有効な抗菌薬含有カテーテルロック溶液を明らかにすることである。

方法:
 2009年4月までの間にMedlineおよびCochrane Libraryで検索。
 論文に記載されたデータを用いて、カテーテル関連血流感染の全相対リスクを算出。
 16の臨床試験を本レビューの対象とし、このうち9は血液透析患者、6は癌患者、1は
 重症新生児を対象とした臨床試験であった。

結果:
 血液透析患者では留置期間は平均146日(range 37~365日)であり、
 ベースライン時のCRBSI平均リスクが1,000カテーテル日あたり3.0件であった。
 1件のCRBSIを予防するためには3例に抗菌薬含有ロック溶液処置を行う必要がある。
 癌患者では留置期間は平均227日(range 154~295日)、ベースライン時
 平均リスクが1,000カテーテル日あたり1.7件であったことから、1件のCRBSIを
 予防するためには8例に抗菌薬含有ロック溶液処置が必要であった。
 血液透析患者のCRBSI予防については、抗菌薬含有ロック溶液はヘパリンロック溶液
 と比較して有効であることが示された。癌患者を対象とした試験では、推定効果は
 抗菌薬含有ロック溶液のほうが良好であったが、統計学的には有意ではなかった。

結論:
 CRBSI予防のために抗菌薬含有ロック溶液のルーチンの使用は
 推奨されないというCDC見解を支持するものである。

by otowelt | 2010-07-24 07:47 | 感染症全般

<< 縦隔stagingにEUS-F... PEG造設時の創傷感染予防とし... >>