スピリーバ2.5μgレスピマット60吸入

日経メディカルオンラインで取り上げられていて思い出したトピックだが、
呼吸器内科医の間で少し話題になっている、スピリーバ2.5μgレスピマット60吸入。
ご存知、霧状に噴霧する新しいソフトミスト吸入器である。

従来のスピリーバとの違いは、操作法の違いである。
1回2吸入という点も今までと異なるので、少々複雑な操作を2回行う必要がある。
ただ、慣れるとレスピマットの使い心地がよいという話をよく耳にする。
しかしながら、高齢者でスピリーバハンディヘラーですら吸入手技が危うい人は
レスピマット吸入は少々難しいかもしれない。
若い元気なCOPD患者さんで、ハンディヘラーよりこちらの方がよいと思われる
方も多いと思うので、個人的にも一度試してみたいところである。
e0156318_17232176.jpg
国内臨床試験だが、従来のスピリーバ製剤との比較で非劣勢が証明されている。
プライマリエンドポイントはトラフ1秒量変化量である。
         Respir Med 104:228, 2010

by otowelt | 2010-07-26 16:27 | 気管支喘息・COPD

<< 未熟児に一酸化窒素吸入を行って... 縦隔stagingにEUS-F... >>