ガスクッキングの環境下にある小児は呼吸機能が軽度低下する

Gas cooking is associated with small reductions in lung function in children
Eur Respir J 2010; 36: 249–254


背景および方法:
 過去のオーストラリアのスタディでは、小児におけるガスストーブにおいて
 軽度の肺機能低下がみられた。
 われわれは、この知見を国際的な大規模データベースを使用して検証した。
 ガスクッキングにおける肺機能パラメーターの影響を調べるため、
 24000人の小児(6~12歳)をヨーロッパおよび北米9カ国から登録。
 曝露についての質問およびATS/ERS呼吸機能プロトコールで検証。
e0156318_23332416.jpg
結果:
 平均して、ガスクッキングは肺機能パラメータを低下させた。
 オーバーオールの影響は小さかった(-0.1–0.7%)が、
 VCおよび1秒量で有意差がでた。
 アレルギーのある小児はこのガスクッキングの影響を良く受けている傾向にあった。
e0156318_23335329.jpg
結論:
 現状では、ガスクッキングの環境下にある小児は
 呼吸機能が軽度低下すると考えられる。

by otowelt | 2010-08-06 23:35 | 呼吸器その他

<< 首吊り自殺未遂者は、再自殺に成... Rett症候群の肺HRCT所見 >>