首吊り自殺未遂者は、再自殺に成功しやすい

救急で搬送される患者の自殺未遂はほとんどOD(オーバードーズ)か飛び降り
だった記憶がある。首吊り自殺は搬送されずに死亡確認されることが多いが、
救急車でそういった患者が搬送されて救命できた場合、
自殺完遂を防ぐ手立てを講じる必要があると考えられる。

Method of attempted suicide as predictor of subsequent successful suicide: national long term cohort study
BMJ 2010;340:c3222


背景:
 未遂の自殺方法とその後の自殺既遂リスクの関連を検討するため、
 21年~31年のフォローアップによる長期コホート研究を実施した。

方法:
 1973~1982年の入院患者のうち過去に自殺未遂歴のある48649人について、
 1973~2003年までの自殺既遂状況を調査。

結果:
 期間中に5740人(12%)が自殺。
 アウトカムが最も不良だったのは、以前未遂に終わった自殺の方法が
 首つり、絞首、窒息の自殺者であった。これらの群の男性:54%、女性:57%が
 その後の自殺に成功しており、そのうちの87%は自殺未遂後1年以内に目標を達成。
 (HR6.2, 95%CI 5.5 to 6.9)
e0156318_0145914.jpg
結論:
 自殺成功者のほとんどが、未遂に終わった自殺の方法と同じ方法で死亡した。
 首つり、絞首、窒息の自殺者の次回自殺成功率は高い。

by otowelt | 2010-08-07 00:19 | 内科一般

<< TAK-242は敗血症において... ガスクッキングの環境下にある小... >>