喘息患者において吸入ステロイドは頚動脈のアテローム性動脈硬化を減少

吸入ステロイドに抗炎症作用があることはわかっている。
           Am Rev Respir Dis 1993; 148: S1–S26.
また、さらにはAMIを減少させたという報告もあった。
           Am J Med 2003; 115: 377–381.

ERJより、吸入ステロイドと動脈硬化の関連について報告があった。
以下、今回の論文。

Reduced carotid atherosclerosis in asthmatic patients treated with inhaled corticosteroids
Eur Respir J 2010; 36: 503–508


背景および方法:
 アテローム性動脈硬化の構成因子として炎症は重要であるが、
 吸入コルチコステロイド(ICS)がこれを防止する抗炎症薬であるかどうかは
 まだわかっていない。このスタディでは、頚動脈硬化をエコーによって
 150人の喘息患者においてICSを受けている患者と
 150人のコントロール患者を比較し、リスクについて評価した。

結果:
 頚動脈の内膜-中膜肥厚は明らかに喘息患者において薄かった。
 プラークの頻度も、コントロール群よりも喘息患者において少なかった。
 喘息患者においてアテローム性動脈硬化がみられた51人は
 高齢、男性、脂質異常症、ICS用量が少ない、という傾向にあった。

結論:
 頚動脈のアテローム性動脈硬化は、ICSを受けている喘息患者で
 明らかに少ない傾向があった。

by otowelt | 2010-09-01 23:11 | 気管支喘息・COPD

<< ドキサプラムのエビデンス 神経内分泌マーカー >>