mild~moderateのCOPDにおいて、バレニクリンは禁煙に有効かつ安全

バレニクリン(チャンピックス)は呼吸器内科医であれば
誰しもが耳にする禁煙薬の代表格なのだが、
あまり使用している先生は多くないように思う。
(もちろんいろいろ理由はあるのだが・・・)

過去に2つのランダム化試験があるが、
呼吸機能検査がなされていなかったり、COPD患者ではない患者も
含まれており、一貫性がないという指摘もしばしばみられていた。
・Varenicline, an α4β2 nicotinic acetylcholine receptor partial agonist, vs sustained-release bupropion and placebo for smoking cessation: a randomized controlled trial. JAMA 2006;296:47-55
・Efficacy of varenicline, an α4β2 nicotinic acetylcholine receptor partial agonist, vs placebo or sustained-release bupropion for smoking cessation: a randomized controlled trial. JAMA 2006;296:56-63


今回CHESTのpublished ahead of printにバレニクリンの
ランダム化試験が掲載されていた。
これも呼吸器内科医必読の論文である。
原稿の状態で全文読むのはめんどくさいので、
出版されてキレイな論文になってから全文読もうと思う。

Effects of Varenicline on Smoking Cessation in Mild-to-Moderate COPD: A Randomized Controlled Trial
Chest; Prepublished online September 23, 2010;


背景:
 喫煙はCOPDとその進行にもっとも大事なリスクファクターである。
 このランダム化試験は、バレニクリンとプラセボを比較することによって
 mild~moderateのCOPDに対する効果と安全性をみた初めての試験である。

方法:
 27施設による二重盲検試験で、504人のmild~moderateのCOPD患者が
 登録した。(気管支拡張薬後 FEV1/FVC<70%および予測FEV1% ≧50%)
 バレニクリン群(N=250)あるいはプラセボ群(N=254) に12週間割り当て。
 その後40週間の非治療期間をフォローアップした。プライマリエンドポイントは
 9~12週の一酸化炭素確認による持続的な禁煙率
 (carbon monoxide-confirmed continuous abstinence rate :CAR)
 とした。セカンダリエンドポイントは9~52週のCARとした。

結果:
 9~12週のCARはバレニクリン群で有意に高かった。
 (42.3% VS 8.8%; OR, 8.40; 95% CI, 4.99–14.14; p<0.0001)であった。
 バレニクリンCARは9~52週においても同様に高かった
 (18.6% vs placebo 5.6%; OR, 4.04; 95% CI, 2.13–7.67; p<0.0001)。
 バレニクリン群では、悪心、悪夢、上部気道感染などの副作用がよくみられた。
 重篤な副作用は両群ともみられなかった。

結論:
 mild~moderateのCOPDにおいて、バレニクリンは
 プラセボよりも禁煙に効果があり安全である。

by otowelt | 2010-09-27 23:09 | 気管支喘息・COPD

<< 女性腺癌は男性よりも化学療法に... 北京型結核菌は治療失敗とは直接... >>