女性腺癌は男性よりも化学療法による恩恵が大きい

platinum-based chemotherapyを受けた患者に限定した
臨床試験で、女性の優越性を論じたもの。EGFRに関するデータはない。

The influence of sex and histology on outcomes in non-small-cell lung cancer: a pooled analysis of five randomized trials
Ann Oncol (2010) 21 (10): 2023-2028.


背景:
 非小細胞肺癌(NSCLC)の術後例において、女性の腺癌の予後が良好である
 ケースがいく分かみられる。われわれは、レトロスペクティブに
 性別と組織型が化学療法の効果と毒性に影響するかどうかを検証した。

患者および方法:
 個々の患者データは、5つの進行NSCLC患者のランダム化第III相試験より
 集められた。プライマリエンドポイントは奏効率(RR)、全生存期間(OS)、
 毒性とした。副次的解析は性別と組織型によるサブグループで行われた。

結果:
 2349人の患者のうち、34%が女性であった。女性は化学療法に高い
 RRを示した(42% vs 40%, P = 0.01)。また、生存期間も男性より長かった
 (median OS 9.6 vs 8.6 months, P = 0.002)。
 年齢や病期、PS、組織型によって調節した場合のハザード比は
 0.83(95%CI 0.74–0.92, P = 0.0005)であった。また、さらなる検証で、
 長期間生存した女性は腺癌(test for interaction P = 0.006)に多かった。
 女性はよりgrade 3-4の嘔吐を男性より多く発症(P < 0.0001)し、
 用量減量も多かった(P < 0.0001)。
e0156318_1126555.jpg
結論:
 女性におけるプラチナベースの化学療法は腺癌において
 よりよい予後良好の影響をもたらす。

by otowelt | 2010-09-30 11:26 | 肺癌・その他腫瘍

<< 声門下間欠的吸引は、人工呼吸器... mild~moderateのC... >>