BAL中ガラクトマンナンは侵襲性アスペルギルス症の診断に有用

CHESTから。
侵襲性アスペルギルス症の診断において、
BAL中のガラクトマンナンを測定した場合の感度・特異度についてのメタアナリシス。
統計学の知識がついていけてないので、それなりに訳してみたが…。

Accuracy of BAL Galactomannan in Diagnosing Invasive Aspergillosis. A Bivariate Metaanalysis and Systematic Review
CHEST October 2010 vol. 138 no. 4 817-824


背景:
 血清ガラクトマンナン(GM)アッセイは、侵襲性アスペルギローシス(IA)の
 診断に有用であるが、BAL中におけるGMアッセイについてはよくわかっていない。
 そこでわれわれは、IA診断におけるBAL中GMについてoverallの精度acuracyを
 調べるためメタアナリシスを実施した。

方法:
 英語文献システマティックレビューにより、感度、特異度、陽性尤度比、
 陰性尤度比をIAにおけるBAL-GMでメタアナリシスを用いて算出した。
 階層別サマリーRCO曲線(SROC) が用いられた。 
 潜在的なスタディ間の不均一性はサブグループ解析により探索された。

結果:
 12のレポート、13のスタディが基準に合致した。
 BAL中のGMアッセイを確定あるいはほぼ確定のIAにおいて施行した場合
 感度0.90(95% CI, 0.79-0.96)、特異度0.94 (95% CI, 0.90-0.96)、
 陽性尤度比14.87 (95% CI, 8.89-24.90)、
 陰性尤度比0.10 (95% CI, 0.04-0.24)であった。
 確定IAに限ると、感度0.94 (95% CI, 0.86-0.98)、
 特異度0.79 (95% CI, 0.68-0.86)、陽性尤度比4.41 (95% CI, 2.87-6.77)、
 陰性尤度比0.07 (95% CI, 0.03-0.09)であった。
e0156318_15242237.jpg
結論:
 BAL中GMは、確定あるいはほぼ確定IAにおいて感度・特異度が高かった。
 BAL中GMを測定することはIA診断に有用と考えられる。

by otowelt | 2010-10-06 15:26 | 感染症全般

<< 重症疾患におけるCRP値は、I... CAPの患者ではウイルス検出率... >>