血清NGALレベルはCOPD患者で有意に高い

Neutrophil Gelatinase-Associated Lipocalin. A Biomarker in COPD
CHEST October 2010 vol. 138 no. 4 888-895


背景:
 好中球ゼラチナーゼ関連リポカリン
 (Neutrophil gelatinase-associated lipocalin (NGAL))は
 COPDの病態発生に関連するかもしれない抗菌ペプチドである。
 このスタディは、血清NGALレベルをCOPD患者とコントロール群
 において調べた大規模コホート試験である。

方法:
 40~76歳の402人のCOPD患者と229人のコントロール患者を登録。
 (Bergen COPD Cohort Study)
 全てのCOPD患者は1秒率が0.7未満で、予測一秒量が80%未満、
 喫煙歴は10pack-years以上とした。
 血清NGALレベルは酵素イムノアッセイで測定された。
 交絡因子は性別、年齢、喫煙、Charlson合併症スコア、吸入ステロイド、
 好中球数、血清クレアチニン、血清フェリチン、血清CRPで調べた。

結果:
 平均血清NGAL濃度はCOPD患者で75.1±31.8 ng/mL、
 コントロール群で56.5±22.0 ng/mLであった(P<.01)。
 NGALレベルは年齢、喫煙、身体組成、Charlson合併症スコア、
 好中球数、血清クレアチニン、血清CRPとも関連していたが、
 これらの交絡因子の調整後でも、NGALレベルはCOPD患者で有意に上昇。
 COPD急性増悪、低酸素の頻度は高いNGALレベルと関連していた。

結論:
 血清NGALレベルは、COPD患者において有意に高い。

by otowelt | 2010-10-10 09:58 | 気管支喘息・COPD

<< 肺サルコイドーシスの囊胞性変化の機序 東アジアの非喫煙者腺癌における... >>