FOLFOX4にパニツムマブを加えると、転移性大腸癌wild type K-rasファーストラインでPFS延長

2010年ASCO-GIの発表内容。
JCOからPRIME試験結果。
欧米ではFOLFOX7とかmFOLFOX6が使用されているが、
コントロールアームとしてはFOLFOX4が選ばれることが多い。

Randomized, Phase III Trial of Panitumumab With Infusional Fluorouracil, Leucovorin, and Oxaliplatin (FOLFOX4) Versus FOLFOX4 Alone As First-Line Treatment in Patients With Previously Untreated Metastatic Colorectal Cancer: The PRIME Study
JCO November 1, 2010 vol. 28 no. 31 4697-4705


FOLFOX4にパニツムマブを加えることにより、
FOLFOX単独よりもwild type K-rasにおいてPFSが延長したという
転移性大腸癌化学療法の有名な試験の1つである。
セツキシマブと似たようなところを阻害する薬剤である。
セツキシマブよりもinfusion reactionが少ないという点では
有利かもしれないが、そこまで両者の差は現段階ではないとされている。

e0156318_7434677.jpg

wild type K-rasではPFSが延長。
mutant K-rasではPFSは短縮。

by otowelt | 2010-11-10 07:49 | 肺癌・その他腫瘍

<< FOLFIRIにパニツムマブを... 悪性胸膜中皮腫において血清An... >>