FOLFIRIにパニツムマブを加えると、転移性大腸癌wild type K-rasでセカンドラインのPFS延長

転移性大腸癌セカンドラインで
wild type K-ras患者にFOLFIRI+パニツムマブで
PFSが延長したという報告。
JCOからはパニツムマブ関連のスタディが2つ出ている。

Randomized Phase III Study of Panitumumab With Fluorouracil, Leucovorin, and Irinotecan (FOLFIRI) Compared With FOLFIRI Alone As Second-Line Treatment in Patients With Metastatic Colorectal Cancer
JCO November 1, 2010 vol. 28 no. 31 4706-4713


目的:
 転移性大腸癌におけるセカンドラインとして
 FOLFIRIにパニツムマブを加える効果を検証する。
 またKRASステータスによってこれを解析する。

患者および方法:
 過去に1度化学療法を受けた転移性大腸癌の患者で
 PS0-2、バイオマーカーテスト可能な組織採取ができていることが
 条件で、1:1にFOLFIRI単独群とFOLFIRI+パニツムマブ群に割りつけた。
 プライマリエンドポイントはPFSとOSとした(coprimary endopoints)。

結果:
 2006年6月~2008年3月まで1186人の患者を
 ランダムに割り付け登録。KRASステータスは91%で有効であった。
 WT KRASにおいてパニツムマブは有意にPFSを延長した
 (HR = 0.73; 95% CI, 0.59 to 0.90; P = .004)。PFS中央値は、
 併用群で5.9ヵ月vs 単独群で3.9ヵ月であった。
 OSは有意差がみられなかった。 (HR = 0.85, 95% CI, 0.70 to 1.04; P = .12)
 RRも改善がみられ、35%vs10%であった。
 MT KRAS患者においてはこれらの利益に有意な差がみられなかった。
 有害事象はEGFR阻害によると思われる予想された副反応以外に
 特記すべきものはなし。
e0156318_83423.jpg
結論:
 WT KRAS転移性大腸癌セカンドラインにおいて
 FOLFIRIにパニツムマブを加えることによりPFSの延長がみられる。

by otowelt | 2010-11-10 08:36 | 肺癌・その他腫瘍

<< VAPガイドラインで議論の余地... FOLFOX4にパニツムマブを... >>