MDR-VAPに対して、コリスチン静注にコリスチン吸入を加えても利益なし


Aerosolized plus Intravenous Colistin versus Intravenous Colistin Alone for the Treatment of Ventilator‐Associated Pneumonia: A Matched Case‐Control Study
Clinical Infectious Diseases 2010;51:1238–1244


目的:
 人工呼吸器関連肺炎(VAP)は多剤耐性菌(MDR)によって起こることが増えている。
 静脈注射(IV)コリスチン単独と、IVにエアロゾル化した(AS)コリスチンを
 加える治療法が、こういった生命をおびやかすVAPに使用されることがある。
 このスタディの目的は、AS+IVコリスチンがIV単独に比べて
 グラム陰性菌によるMDR-VAPの効果と安全性が有益かどうかを調べる。

方法:
 Heraklion大学病院ICUで2005年1月から2008年12月までおこなわれた。
 43人のグラム陰性MDRによるVAP患者がAS+IVコリスチンに
 年齢やAPACHEIIスコアでマッチして割り付けられた。
 コントロールは43人のIVコリスチン単独投与患者とした。

結果:
 characteristicsは両群とも同等であった。 
 Acinetobacter baumannii (66 cases [77%])は、最もよくみられた
 病原微生物であり、Klebsiella pneumoniae (12 cases [14%])、
 Pseudomonas aeruginosa (8 cases [9.3%])と続く。
 コリスチン耐性菌はみられなかった。
 これら2群において、微生物的寛解(P=.679)、臨床的治癒(P=.10)、
 死亡率(P=.289)に有意差はみられなかった。いずれかの治療を受けた
 8人(19%)が可逆性腎機能障害に陥った。ただ、ASコリスチン関連の有害事象は
 記録されていない。

結論:
 グラム陰性菌によるMDR-VAP患者において、IVコリスチンにASコリスチンを加えても
 治療的な利益は得られない。

by otowelt | 2010-11-15 06:59 | 集中治療

<< R-hyperCVAD後のCM... VAPガイドラインで議論の余地... >>