リバスチグミンはせん妄期間を短縮しないだけでなく、死亡率も増加させる

アリセプトとよく似た薬、エキセロンのスタディ。
せん妄に対する効果が期待されたが、効果は証明されなかった。

Effect of rivastigmine as an adjunct to usual care with haloperidol on duration of delirium and mortality in critically ill patients: a multicentre, double-blind, placebo-controlled randomised trial
The Lancet, Volume 376, Issue 9755, Pages 1829 - 1837, 27 November 2010


背景:
 重症患者においてせん妄はしばしば認められ、有害である。
 せん妄の発生に、アセチルコリン神経伝達の障害が重要であると考えられており、
 重症患者に発症したせん妄期間の長さに対するコリンエステラーゼ阻害薬である
 リバスチグミン(rivastigmine)の影響を評価した。

方法:
 登録されたオランダのICUでせん妄と診断された患者で、
 2008年11月~2010年1月まで治療。患者はランダム化され、
 リバスチグミン(1.5-6mg1日2回/day)あるいはプラセボが、
 低用量のハロペリドールに追加投与された。プライマリエンドポイントは
 入院中のせん妄期間。

結果:
 440例が登録予定だったが、104例目の患者が登録された後に、
 リバスチグミン投与群の死亡率(22%)がプラセボ群(8%)よりも
 高いために臨床試験は途中段階で中止された。
 この段階での解析において、リバスチグミン群のせん妄期間中央値は5日、
 プラセボ群では3日だった。

結論:
 リバスチグミンはせん妄期間を短縮しないだけでなく、死亡率も増加させる。
 重症患者のせん妄に対してリバスチグミンの使用は推奨されない。

by otowelt | 2010-11-29 06:53 | 内科一般

<< 男性の肥満はハザード比1.4で... 閉塞性睡眠時無呼吸患者における... >>