10代の若者における喫煙と喘息の関係

スタディの結果よりも、16~17歳の男性5.7%、女性11.4%が
喫煙しているという結果の方が驚いた。今の世の中、そんなもんか?

Both environmental tobacco smoke and personal smoking is related to asthma and wheeze in teenagers.
Thorax 2011;66:20-25


背景:
 受動喫煙:Environmental tobacco smoke (ETS) は
 小児喘息にとって有意なリスクファクターである。
 成人にとっては、個人的な喫煙は呼吸器症状や呼吸器疾患に
 関連するとされている。ただ、これらの喫煙が10代の若者の
 喘息の有病率あるいはwheezeの頻度に影響するかどうかはまだよくわかっていない。

目的:
 このスタディの目的は、ETSと個人的な喫煙が10代の若者の
 喘息の頻度とwheezeの頻度にどう影響するかを調べるものである。

方法:
 1996年から北部スウェーデンで施行された縦断的研究である。
 喘息あるいはアレルギー性疾患のある7~8歳の小児で
 3430人が年次ごとの質問票でフォローアップされた。
 16~17歳となった2005年になって、82%の参加者を解析した。

結果:
 母からのETSに曝露された場合、内科医診断の喘息・wheezeについては
 有意に高くみられた。多変量解析においても、母からのETSは
 喘息あるいはever wheezeのリスクだった(OR 1.3-1.5)。
 個人的に毎日喫煙している場合、current wheeze のリスクだった(OR 2.0)。
 いずれもの曝露を受けている場合、喘息はOR1.7、ever wheezeはOR2.5。
 ※ever wheezeの定義:以下の質問にyesと答えたもの
 ・Have You ever had wheezing or whistling
       in the chest at any time in the past?
 ※current wheezeの定義:以下の質問にyesと答えたもの
 ・Have You had wheezing or whistling in the chest in the last 12 months?’
 ・In the last 12 months, has Your chest sounded wheezy during
    or after exercise?
 ・In the last 12 months, have You had wheezing
    or whistling in the chest without having a cold?
 あるいは以下の質問に1つ以上該当したもの
 ・How many attacks of wheezing have You had in the last 12 months?
e0156318_1259248.jpg

結論:
 ETSと個人的な喫煙は、10代の若者の喘息およびwheezeの頻度に
 有意に関連している。母体からのETS曝露もそうだが、
 毎日喫煙しているような若者はより強く喘息症状に影響を与える。

by otowelt | 2010-12-15 12:59 | 気管支喘息・COPD

<< 市中肺炎におけるセフタロリン ... 急性の喘息発作に対して、経口モ... >>