抗結核薬におけるDLSTは役に立たない?

全国的にも薬剤アレルギーを疑った時に
DLSTが検査される傾向にある。
個人的にはあまり有用とはおもっていない検査の1つである。
メソトレキセートに至っては、もはや出すべきではないとすら思っている。

過去記事:
DLSTは薬剤アレルギーに有用なのか?

抗結核薬のDLSTについて、2008年に論文が出ているが
「DLSTは有用でない」という報告であったため
めんどくさくて読んでいなかった。
最近INHの減感作ばっかりやっているので、せっかくなので読んでみた。
結核屋にとっては大事な論文であろう。

Drug Lymphocyte Stimulation Test in the Diagnosis of Adverse Reactions to Antituberculosis Drugs
CHEST 2008; 134:1027-1032


背景:
 結核は近年の治療向上により効果が高くなっているが、
 その反面で副作用も多いとされている。
 これに対してDrug lymphocyte stimulation test (DLST)が
 副作用を起こす抗結核薬の特定につながるかどうかを検討する。

方法:
 プロスペクティブスタディで、結核入院患者436人を対象とした。
 結核の治療中に副作用を生じた患者にDLSTおよび
 薬剤誘発試験(DPT)をおこなった。薬剤は、isoniazid (INH), rifampin (RIF),
 ethambutol (EMB), pyrazinamide (PZA)とする。

結果:
 436人中69人(15.8%)で副作用を認めた。
 全体で261剤がDLSTおよびDPT施行となった。
 DLST陽性は20例(28.9%)・28剤(10.7%)
 これに対してDPT陽性は46例(66.6%)・67剤(25.7%)であった。
 DLSTの感度は、全薬剤に対しては14.9%であり、個々の薬剤に対しては
 INH 14.3%、RIF 13.6%、EMB 14.3%、PZA 0%であった。
e0156318_179236.jpg

解釈:
 DPT陽性ならば基本的にDLST陽性であってほしい。この論文の
 根幹はそこにあると思う。この結果から、INHに限って言えば、
 DLSTのSIが高い症例ではDPT陽性例の傾向があるように見える。
 しかしながら、感度は極めて低く、なおかつ偽陽性がINHで20%を超える
 となると、これはもう検査としては成立しない範疇と考えてよいだろう。
 ただ、INHのSIが信じられないくらい高いときはINHに関しては
 考慮してもよいかもしれない。


結論:
 DLSTはの副作用を起こした抗結核薬の同定には寄与しない。

by otowelt | 2011-01-05 15:49 | 抗酸菌感染症

<< トリプルネガティブの転移性乳癌... サルコイドーシスにおいて、心拍... >>