ムピロシン耐性MRSAの独立危険因子

Risk factors associated with mupirocin resistance in meticillin-resistant Staphylococcus aureus
Journal of Hospital Infection (2010) 76, 206-210


背景:
 MRSA除菌プログラムが適用される機会が増えており、
 ムピロシン耐性MRSAの出現が報告されるようになってきた。
 しかし、ムピロシン耐性と関連するリスクファクターについては不明である。

方法:
 2004年7月1日から2008年6月30日の間にMRSA培養陽性であった
 退役軍人病院の患者を対象として、頻度マッチングを用いた症例対照研究
 MRSAのムピロシン耐性の独立予測因子を同定した。
 シーズンごとおよび1年ごとの培養実施日に基づき、ムピロシン耐性症例
 40例にムピロシン感受性270例の対照をマッチ。補正をおこなった。

結果:
 条件付きロジスティック回帰モデルにより、MRSAのムピロシン耐性と
 関連する有意な独立予測因子として3つが特定された。すなわち、
 1.培養前1年間のムピロシン投与(OR:9.84、95%CI2.93~33.09)
 2.培養実施の入院前1年間の緑膿菌感染(OR 4.85、95%CI 1.20~19.61)
 3.培養前1年間のセフェピム投与(OR 2.80、95%CI 1.03~7.58)
 ムピロシンの投与歴は、感受性試験で低レベルのムピロシン耐性
 (MIC 8~128 mg/L、症例23例、対照202例、OR 6.32、95%CI 1.58~25.33)
 ないし高レベルのムピロシン耐性
 (MIC≧256 mg/L、症例17例、対照151例、OR 11.18、95%CI 1.89~66.30)
 と関連。

結論:
 MRSAは、ムピロシンに対しても耐性を獲得しうる。
 独立危険因子としては、ムピロシン投与歴、緑膿菌感染などが挙げられる。

by otowelt | 2011-01-09 23:55 | 感染症全般

<< EGFR遺伝子変異陽性の小細胞... 2011年IDSAによるMRS... >>