EGFR遺伝子変異陽性の小細胞肺癌の2例

JTO1月号から、個人的に興味のあるBrief report。

Epidermal Growth Factor Receptor Mutations in Small Cell Lung Cancer: A Brief Report
Journal of Thoracic Oncology: January 2011 - Volume 6 - Issue 1 - pp 195-198


背景:
 EGFR遺伝子変異のある非小細胞肺癌(NSCLC)のゲフィチニブの
 治療効果は既に確立されている。それに対して、小細胞肺癌(SCLC)は
 早期に転移し化学療法抵抗性である。最近のスタディでは、
 SCLCのEGFR陽性に対するゲフィチニブ感受性が報告されている。
 われわれは、SCLC患者におけるEGFR陽性の報告をシェアしたいと思う。

方法:
 2004年から2009年まで、国立台湾大学病院におけるSCLCの76検体を解析。
 これらの検体は10のCTガイド下生検、17のエコーガイド下吸引生検、
 37のエコーガイド下生検、1の外科的葉切除生検、11の悪性胸水検体である。
 分子遺伝子学的解析をおこない、EGFRを同定した。 

結果:
 76の小細胞肺癌の検体のうち、2例(2.6%)にEGFR陽性がみられた。
 そのいずれもがexon 19のdeletionであった。ひとりはいくつかの化学療法後に
 ゲフィチニブが投与されたが、治療効果はみられなかった。
 現在までに、われわれの2例を含めて11のEGFR陽性SCLC患者が報告されている。
 ほとんどの患者は非喫煙者である。EGFR遺伝子変異を有するSCLCは
 SCLCに腺癌が混在する可能性がある。

結論:
 EGFR遺伝子変異はSCLC患者においてまれである。
 EGFR遺伝子変異があったとしても、ゲフィチニブはSCLCにおいて
 効果がないかもしれない。

by otowelt | 2011-01-10 06:09 | 肺癌・その他腫瘍

<< ハイチのコレラ集団発生は南アジ... ムピロシン耐性MRSAの独立危険因子 >>