多剤耐性アシネトバクター感染症を5類感染症に

厚生労働省は2011年1月14日、感染症法施行規則の一部を改正、
多剤耐性アシネトバクター感染症を、感染症法で定める5類感染症の
定点把握(全国470指定届出医療機関からの届出により把握)の対象に加えた。
定点医療機関は2011年2月1日から、発生状況を報告しなければならない。

by otowelt | 2011-01-18 19:15 | 感染症全般

<< CCR2は好中球が多臓器へ浸潤... IPF患者の手術後の急性増悪について >>