農家に住む小児は、多種多様な微生物曝露のため喘息リスクが低くなる

個人的には、喘息を発症してしまった子供を『療養のため』ということで
田舎に連れて行くのは意味があるのかどうかを知りたい。

Exposure to Environmental Microorganisms and Childhood Asthma
N Engl J Med 2011;364:701-9.


背景:
 農場には多くの微生物がいるが、これに曝露される環境で育った小児は、
 小児喘息やアトピーになりにくいとされている。すでに
 微生物曝露マーカーとこれらアレルギー疾患とに逆相関があるとわかっている。

方法:
 2つの断面研究、農家で生活している小児とコントロール群の小児との間で、
 喘息とアトピーの有病率と、微生物曝露の多様性(diversity)を比較。
 PARSIFAL試験は、マットレスダストのサンプルを用いて
 培養法では測定できない環境細菌を検出するべく一本鎖DNA構造多型解析に
 より細菌のDNAをスクリーニング。GABRIELA試験では、小児の部屋から
 採取した沈積ダストのサンプルを使用して、培養法により
 細菌・真菌分類群をアセスメント。

結果:
 2つの研究の両方ともが、農家で生活している小児はコントロール群の小児と比べ
 喘息とアトピーの有病率が低く、多くの環境微生物に曝露されていた。
 この微生物曝露の多様性は、喘息のリスクと逆相関があった
 (PARSIFAL:OR0.62,95%CI 0.44~0.89、GABRIELA:OR0.86、
 95% CI 0.75~0.99)。サブ解析において、個々の微生物に関しては
 ユーロチウム属の種への曝露(補正OR 0.37,95% CI 0.18~0.76)、
 Listeria monocytogenesBacillus属・Corynebacterium
 への曝露(補正OR 0.57,95% CI 0.38~0.86)であった。
e0156318_11514427.jpg
結論:
 農家の小児は、コントロール群の小児よりも多種多様な微生物に曝露されている。
 喘息リスクと農家で育つことの逆相関関係は、この微生物曝露によって説明できる。

by otowelt | 2011-02-25 05:52 | 気管支喘息・COPD

<< 非アジア人においてEGFR遺伝... 滅菌手袋のルーチン使用は、血液... >>