アジア人において、低体重は死亡リスクの多大な上昇と関連

古典的NEJMらしい、大規模な疫学研究。
個人的には、あと数kg太らないといけないという結果になった。
表紙の筆者の数も、きわめて大規模だった。(笑)
Wei Zheng, M.D., Ph.D., Dale F. McLerran, M.S., Betsy Rolland, M.L.I.S.,Xianglan Zhang,M.D., M.P.H., Manami Inoue, M.D., Ph.D.,Keitaro Matsuo, M.D., Ph.D., Jiang He,M.D., Ph.D., Prakash Chandra Gupta, Sc.D.,Kunnambath Ramadas, M.D., Shoichiro Tsugane, M.D., Ph.D., Fujiko Irie, M.D., Ph.D.,Akiko Tamakoshi, M.D., Ph.D., Yu-Tang Gao, M.D., Renwei Wang, M.D.,Xiao-Ou Shu, M.D., Ph.D., Ichiro Tsuji, M.D., Ph.D., Shinichi Kuriyama, M.D.,Hideo Tanaka, M.D., Ph.D., Hiroshi Satoh, M.D., Ph.D., Chien-Jen Chen, Sc.D.,Jian-Min Yuan, M.D., Ph.D., Keun-Young Yoo, M.D., Ph.D., Habibul Ahsan, M.D.,Wen-Harn Pan, Ph.D., Dongfeng Gu, M.D., Ph.D.,Mangesh Suryakant Pednekar, Ph.D., Catherine Sauvaget, M.D., Ph.D.,Shizuka Sasazuki, M.D., Ph.D., Toshimi Sairenchi, Ph.D., Gong Yang, M.D., M.P.H.,Yong-Bing Xiang, M.D., M.Ph., Masato Nagai, M.Sc., Takeshi Suzuki, M.D., Ph.D.,Yoshikazu Nishino, M.D., Ph.D., San-Lin You, Ph.D., Woon-Puay Koh, M.B., B.S., Ph.D.,Sue K. Park, M.D., Ph.D., Yu Chen, Ph.D., Chen-Yang Shen, Ph.D.,Mark Thornquist, Ph.D., Ziding Feng, Ph.D., Daehee Kang, M.D., Ph.D.,Paolo Boffetta,M.D.,M.P.H., and John D. Potter, M.D., Ph.D.

Association between Body-Mass Index and Risk of Death in More Than 1 Million Asians
N Engl J Med 2011;364:719-29.


背景:
 BMIと全死因死亡リスク・死因別死亡リスクとの関連を記した研究の多くは
 欧米を対象にしているとされており、アジアにおいてはデータがない。

方法:
 コホート集団合計19における110万人超の人を対象に、BMIと死亡リスクとの
 関連を調べた。解析に、平均9.2年に発生した死亡おおよそ120700 件を組み込んだ。
 Cox回帰モデルを用いて交絡因子を補正。

結果:
 中国・日本・韓国を含む東アジアのコホート集団において、BMI22.6~27.5の
 死亡リスクが一番低かった。死亡リスクは、BMI がこの範囲以外の人で上昇し
 BMI35.0超の人にいたっては、1.5 倍であった。また15.0以下の人で2.8倍であった。
 癌死、心血管イベント死、その他の原因による死亡のリスクとBMI間において
 同様の関係がみられた。インド人・バングラデシュ人のコホート集団において
 BMI20.0以下の人は、22.6~25.0 の人と比べると上記死亡リスクが高かったが
 BMI高値に関してはリスクは有意にはみられなかった。結論:
 アジア人において、低体重は死亡リスクの多大な上昇と関連。
 特に東アジア人においてはBMI高値による死亡リスクがみられた。

by otowelt | 2011-02-28 05:10 | 内科一般

<< アストラゼネカ社へのイレッサの... 非アジア人においてEGFR遺伝... >>