HRCTにおける間質性陰影は、全肺気量の減少と肺気腫率の低下に関連

ILDとCOPDとの関連に重要な報告となるだろう。

Lung Volumes and Emphysema in Smokers with Interstitial Lung Abnormalities
N Engl J Med 2011; 364:897-906


背景:
 喫煙は、気腫とレントゲン上の間質性肺異常陰影に関連する。
 間質性の胸部異常陰影がどのくらい全肺気量の減少と肺気腫の範囲に
 関連するのかよくわかっていない。

方法:
 喫煙者(コホート)で撮影されたHRCT2508件中2416件(96%)で
 間質性の陰影があるかどうかを検索した。線形回帰とロジスティック回帰を
 使用して、間質性陰影とおよびHRCT による全肺気量・肺気腫の測定との
 関連をアセスメントした。

結果:
 HRCT2416件中194件(8%)に間質性陰影がみられた。関連する共変量
 (relevant covariates)で補正した統計学的モデルにおいて、間質性陰影は
 全肺気量の減少(-0.444 L、95%CI -0.596~-0.292、P<0.001)と
 CT 値の閾値-950HU(-3%、95% CI -4~-2、P<0.001)、
 -910HU(-10%、95% CI -12~-8、P<0.001)によって定義された
 ”気腫率”の低下に関連。間質性陰影がない患者と比べて異常陰影が
 あった患者では、拘束性換気障害の割合が高く(OR2.3、95% CI 1.4~3.7、
 P<0.001)、COPD診断基準を満たす頻度が少なかった
 (OR0.53、95% CI 0.37~0.76、P<0.001)。
 間質性の肺の陰影は、たばこ受動喫煙の増加と現喫煙状況の双方ともに
 正の相関がみられた。
e0156318_11434477.jpg
結論:
 喫煙者でHRCT12件あたり1件にみられると思われる間質性の肺の陰影は
 全肺気量の減少と肺気腫率の低下に関連する。

by otowelt | 2011-03-11 06:01 | 気管支喘息・COPD

<< 東北地方太平洋沖地震による内科... 非対称性IPFは胃食道逆流症が... >>