LAM患者における、シロリムスの有効性と安全性

呼吸器内科医にとっては重要な論文だろう。

Efficacy and Safety of Sirolimus in Lymphangioleiomyomatosis
NEJM, March 16, 2011 (10.1056/NEJMoa1100391)


背景:
 リンパ脈管筋腫症(LAM)は、女性にみられる進行性の嚢胞性疾患である。
 哺乳類ラパマイシン標的タンパクmTORシグナルの不適切な活性化によって
 細胞増殖・リンパ脈管異常が起こる。
 シロリムス(ラパマイシン)はmTORを阻害し、LAMに有効であると考えられている。

方法:
 われわれは、2段階のシロリムス試験を89人の中等度呼吸機能障害のある
 LAM患者で施行。12ヵ月のランダム化二重盲検プラセボ対照化試験をおこない
 引き続き12ヵ月の観察期間をおいた。
 プライマリエンドポイントはFEV1の勾配変化率とした。

結果:
 治療期間の間、FEV1勾配はプラセボ群で−12±2 ml per month(43人)
 シロリムス群で1±2 ml per month(46人)であった。(P<0.001)
 FEV絶対値の違いは、治療期間において153ml。これは登録時平均FEV1の
 およそ11%だった。
 プラセボ群比較で、シロリムス群はベースラインから12ヶ月時点において
 FVC、FRC、血中vascular endothelial growth factor D (VEGF-D)、QOL、
 機能的パフォーマンスを改善した。
 6分間歩行距離とDLCOの改善は両群において有意差はなかった。
 シロリムス中止後、肺機能減少の勾配は元に戻り、プラセボ群と平行になった。
 有害事象は、シロリムスにおいてよくみられたが、
 重度の有害事象においては有意差はみられていない。
e0156318_13252116.jpg
結論:
 LAM患者において、シロリムスは呼吸機能の安定化をもたらし
 血清VEGF-Dを減少させる。そして、症状とQOLの改善をもたらす。
 選択されたLAM患者においてシロリムスは有用かもしれない。

by otowelt | 2011-03-17 13:31 | びまん性肺疾患

<< 東日本大震災による緊急的措置:... 緊急IND下における2009H... >>