研修医の労働時間を短縮することが、医療・教育の質を改善させるものではない

アメリカとイギリスで1週間あたりの労働時間上限に
かなり差があるのが気になるが・・・。
”研修医の労働時間←→質”というテーマがスタディになるなんて
昔のドクターは思いもしなかっただろうなぁ・・・。

Impact of reduction in working hours for doctors in training on postgraduate medical education and patients’ outcomes: systematic review
BMJ 2011;342:d1580 doi:10.1136/bmj.d1580


目的:
 医学部の卒後研修を受ける医師の労働時間を短縮することによって
 医学教育・臨床的アウトカムの客観的指標に影響を与えるかどうかを検証する。
 システマティックレビュー。

方法:
 Medline、Embase、ISI Web of Science、Google Scholar、
 ERIC、SIGLEから検索。言語に制限を設けずに
 1990年から2010年12月まで出版された文献で調査をおこなった。
 医学部卒後研修アウトカム、患者の安全性、臨床的なアウトカム
 などの客観的数値が使われ、duty hoursの変化へのインパクトを評価。

結果:
 72研究を検討対象とした。
  38:reporting training outcomes
  31:reporting outcomes in patients
  3:reporting both
 80時間/週を超える労働時間(アメリカ推奨時間)から短縮することよって
 患者安全性へ逆的影響はみられず、卒後訓練への影響は限定的であった。
 ヨーロッパでの56・48時間未満という労働時間制限に関する報告は、
 スタディクオリティが低く、上記と相反する結果がみられているため
 はっきりとした結論を出せなかった。

結論:
 アメリカにおいて、 80時間からの労働時間短縮は、
 患者や卒後訓練へ逆的影響がみられなかった。
 56・48時間制限というイギリスのスタディはスタディクオリティが
 低く、評価できなかった。さらなる研究が必要である。

by otowelt | 2011-03-28 22:28 | その他

<< 多発外傷後敗血症の死亡率は改善... サルメテロールよりチオトロピウ... >>