喫煙は29~39%がCOPDの新規発症と関連する

COPDの疫学的研究。

Risk Factors for Chronic Obstructive Pulmonary Disease in a European Cohort of Young Adults
Am J Respir Crit Care Med Vol 183. pp 891–897, 2011


背景:
 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の早期発症の因子に関する研究は少ない。

目的:
 われわれは、若年成人に対して呼吸機能検査を用いた
 国際コホート試験を実施しCOPDの危険因子を同定いsた。

方法:
 the European Community Respiratory Health Surveyを用いて
 4636人の喘息のない成人で気管支拡張薬使用前のFEV1/FVCを
 測定した1991年~1993年(当時20~44歳)の患者を
 1999年~2002年に解析したスタディである。
 COPDは国際的な基準に鑑みてFEV1/FVCが0.70未満と定義した。
 また、Quanjer and LuftiBus reference equations
 においてFEV1/FVC <正常下限とした。
 COPDの決定因子は、2レベルのPossin回帰モデルを用いて解析された。

結果:
 COPDの頻度は、Quanjer基準で1.85症例/人年、
 global initiative基準で2.88症例/人年であった。
 半数の症例において20pack-yearsを下回った喫煙歴であったが
 喫煙そのものはCOPDの主たるリスクであり、
 フォローアップ中新規発症は29~39%にのぼった。
 気道過敏性は2つ目の強い危険因子であった(15–17% of new cases)。
 他の決定因子として、小児期の家族の喘息歴、性別・年齢・過小体重。

結論:
 COPDは人生の早期の段階で起こりうる。
 喫煙予防は、COPD発症を減らすためには最も優先度が高い。また、
 気道過敏性、家族の喘息、小児期の気道感染はCOPD発症に関与する。
 呼吸機能検査のみで単独的にCOPDを定義するものではないと
 わたしたちは考える。

by otowelt | 2011-04-02 22:13 | 気管支喘息・COPD

<< 126人の慢性肺アスペルギルス... インパクトファクター、5年イン... >>