酸素療法中COPD患者の死亡原因は、非呼吸器疾患が主

きわめて重要なスタディであろう。

Trends in Cause-Specific Mortality in Oxygen-dependent Chronic Obstructive Pulmonary Disease
Am J Respir Crit Care Med Vol 183. pp 1032–1036, 2011


背景:
 長期の酸素療法(LTOT)をCOPD患者の慢性的低酸素に用いるように
 なったため、女性の頻度とLTOTの開始年齢は上昇するようになった。
 われわれは、こういったことにより長年の死因が変化したのではないかと
 仮説づけた。

目的:
 LTOTをおこなっているCOPD患者における原因特異的死亡の傾向をみる。

方法:
 スウェーデンにおいて、1987年1月1日から2004年12月31日の間に
 COPDに対してLTOTを開始した患者がプロスペクティブ試験に登録され
 LTOTをやめたり、死亡したり、2004年12月31日に至るまでの
 間にモニタリングをおこなった。
 プライマリエンドポイントはthe Swedish Causes of Death Register
 による死因とした。

結果:
 7628人の患者(53%が女性)が登録され、1.7年の中央値モニタリングされた
 (range, 0–18.0 yr)。フォローアップ不詳となった患者はゼロであり、
 5457人の患者が試験中死亡した。
 粗全死亡率は1.6%/年(95%CI 0.9–2.2%/yr; P < 0.001)増加した。
 死亡リスクは循環器疾患2.8%/年(95% CI, 1.3–4.3%/yr; P < 0.001)増加、
 消化器疾患では7.8%/年(95% CI, 1.9–14.0%/yr; P = 0.009)増加。
 呼吸器疾患においては2.7%/年(95% CI, 2.0– 3.3%/yr; P < 0.001)減少し
 肺癌では3.4%/年(95% CI, 1.1–5.7%/yr; P = 0.004)減少した。
e0156318_10304634.jpg

結論:
 酸素療法中のCOPD患者では、死亡率は経時的に上昇するものの
 非呼吸器疾患が主な原因である(循環器疾患を含む)。
 COPDの合併症を適切に診断治療することが死亡率を減少させる。

by otowelt | 2011-04-17 10:32 | 気管支喘息・COPD

<< 高齢者への人工呼吸器装着の選択... 肺結核の初期8週間治療に4剤合... >>