MUC5B発現調節傷害は、肺線維症に関与

すごく大事な論文なのだが、訳してもわずかしか意味がわからなかった…。

A Common MUC5B Promoter Polymorphism and Pulmonary Fibrosis
N Engl J Med 2011;364:1503-12



背景:
 肺線維症の病態にはいくつかの変異が関連しているが、これは
 集団的リスクの部分的な説明にすぎない。

方法:
 全ゲノム連鎖解析により、82家族でIPFおよび11p15の3.4Mb領域との連鎖を
 検出した。また、家族性間質性肺炎83人、IPF患者492人、コントロール322人
 において、肺に発現しているゲル形成ムチン遺伝子の変異評価をおこなった。
 さらに、肺組織においてMUC5B発現を評価。

結果:
 MUC5B転写開始部位の3kb上流に位置するSNP:rs35705950の変異型の
 対立遺伝子の頻度は、家族性間質性肺炎において34%、IPFにおいて38%、
 コントロール群において9%であった。
 このSNPにおける変異型の対立遺伝子が、ヘテロないしホモである被験者の
 疾患ORは、家族性間質性肺炎ではそれぞれ6.8(95%CI 3.9~12.0)、
 20.8(95% CI 3.8~113.7)であった。またIPFにおいてはぞれぞれ
 9.0(95% CI 6.2~13.1)、21.8(95% CI 5.1~93.5)であった。
 IPF肺におけるMUC5Bの発現は、コントロール患者の14.1倍高かった
 (P<0.001)。rs35705950の変異型の対立遺伝子は、コントロール患者の
 肺におけるMUC5B発現のup-regulationに関連。
 (野生型対立遺伝子がホモであるコントロール患者の37.4倍:P<0.001)
 IPFの病変で、MUC5B蛋白が発現した。
e0156318_722963.jpg
結論:
 MUC5Bのプロモーターにみられるポリモルフィズム:多型は、
 家族性間質性肺炎とIPFに関連していた。また、肺における
 MUC5Bの調節機能障害は、肺線維症の発症に関与しているものと考える。

by otowelt | 2011-04-23 07:03 | びまん性肺疾患

<< 前立腺癌スクリーニングは前立腺... 進行NSCLCにおけるcirc... >>