H1N1インフルエンザによるALI/ARDSに対してステロイド投与は死亡率を増加させる

H1N1インフルエンザ後のARDSに対するステロイド使用について
negative studyが2つAJRCCMから出ていた。

Early Corticosteroids in Severe Influenza A/H1N1 Pneumonia and Acute Respiratory Distress Syndrome
Am J Respir Crit Care Med Vol 183. pp 1200–1206, 2011


H1N1インフルエンザに続発したARDSに対してステロイドを使用することが
あるが、A/H1N1v 2009後にARDSに陥った患者208人に対する
ステロイド使用について検討したもの。39.9%がステロイドを使用されており、
ステロイドはARDSによる死亡と関連していた
(33.7 vs. 16.8%; hazard ratio, 2.4; 95% CI, 1.3–4.3; P =0.004)
propensity score調整後では、
adjusted hazard ratio, 2.82;95% CI, 1.5–5.4; P =0.002。
e0156318_1125079.jpg


Corticosteroid Treatment in Critically Ill Patients with Pandemic Influenza A/H1N1 2009 Infection
Am J Respir Crit Care Med Vol 183. pp 1207–1214, 2011


韓国の28の病院に入院となったA/H1N1v 2009インフルエンザ患者
245人において検討したもの。ICU挿管例でALIの基準をみたすもの。
全体の44%がステロイド治療を受けた。
90日死亡率は、ステロイド投与群で高かった
(58%, 62 of 107 vs 27%, 37 of 138、P < 0.001)。
ステロイド投与群は重複感染を起こしやすい傾向にあった。
ちなみに、propensity score調整後の90日死亡率に関しては
adjusted odds ratio, 2.20; 95%CI 1.03–4.71。
e0156318_1192082.jpg

by otowelt | 2011-04-30 06:17 | 集中治療

<< 百日咳 野生アルマジロとHansen病... >>